読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 50話 憎しみが呼ぶ対決

Vガンダム

「クロノクルは私に優しかったんだ!」家庭、ヴーィッグ、リガ・ミリティア。何処にも居場所のないカテジナにとって、ザンスカールとクロノクルだけが巣であり、それさえ手に入れられれば彼女は何処にいたってよかったのだ。しかし、その巣すらシャクティという「お姫様」に蹂躙されしまった。そう、いつも大切にされるのはシャクティ(とウッソ)なのだ。ここでカテジナが自分の限界を認めることができればよかったのかもしれないが、自意識過剰の彼女にそれは無理だったのだろう。

 

カテジナには「人生に意味や目的が欲しい。価値あることがしたい」という想いがあった。だから、彼女は「革命」や「(王子様との)恋愛」に走ったのだ。そして、それは同時に「特別でありたい、人とは違った存在でありたい」という欲求に簡単に結びつく。「その他大勢」として生きる人生には意味がない(と、彼女は考えた)からだ。今まで散々、カテジナは自意識過剰だ、と言って来たのはそういう意味だ。ならば、彼女がウッソやシャクティを嫌っていたのも納得だろう。何故なら、ウッソこそ、然したる疑問も持たずに、365日畑仕事をやって満足しながら生きていける「スペシャル」な存在だからだ。世界の隅っこで、その他大勢の人間として生き、歴史の中に埋もれてゆくことを平然と受け入れられるウッソやシャクティが、彼女は憎かったのだ。しかも皮肉なことに、普通であることを望み続けたウッソやシャクティこそが「ヒーロー」と「お姫様」で、彼女は、何処まで行っても「ただのお嬢さん」なのだ。

Vガンダム 49話 天使の輪の上で

Vガンダム

Vガンダムに登場する男達は徹底的に情けない。たとえばタシロ・ヴァゴ。彼はカガチに反旗を翻す、という男らしいというか、野心家らしい行動には出るものの、軍事力はファラに頼っているし、戦後の統治は女王マリアに任せるという。視聴者は「じゃあ、お前自身は一体何をやるんだ」と突っ込みたくなる。そのくせ彼は女達に対して支配的に振舞っているのだから性質が悪い。だが、Vガン世界の女達は、こういう女性に対する支配と依存を繰り返しながらも、一人立ちできない甘えた男達の存在をなんとなく許しており、そんな彼らの尻拭いのために戦場で死んでゆく。

 

しかし、そんな中たった一人、弱い男達の姿に苛立っているのがカテジナだ。終盤になってカテジナが露骨にクロノクルの尻を引っぱたき始めたことから分かるように、彼女は男の子が女性に対して抱く「幻想」に対して徹底的に冷淡で、絶対に男を甘やかさない。そして、この49話でとうとう彼女は、ウッソが自分に押し付けてきた甘ったるい「少女幻想」を完全破壊するための暴挙に出る。ネネカ隊特攻だ。それは「半裸の綺麗なお姉さん」をVガンダムに特攻させ、ウッソに彼女達を殺害するように無理矢理仕向ける作戦である。彼女がウッソに見せつけたいのは、まさしく「生身の女の姿」であり、それは「少年を傷つける女」の存在だ。このネネカ隊をウッソは全滅させ、自分をそこまで追い込んだカテジナへの憎しみから、初めて彼女を殺そうとする。意外も、カテジナにとっては、これがショックだったらしい。「幻(少女幻想)を振り切り、私のことまで振り切ったか…」カテジナは寂しく、自嘲気味に笑う。本当の私の姿なんて、誰も愛さない、と。

 

ちなみに、このエピソードにショックを受けたと思われるのが、当時流行していた「セーラームーン」にはまっていたであろう庵野秀明だ。「自分を全肯定してくれる、強くて優しい美少女に甘えるな」とウッソを罵倒するカテジナの姿は、その2年後にエヴァ劇中で「惣流・アスカ・ラングレー」として復活することになる。

 

 

Vガンダム 48話 消える命 咲く命

Vガンダム

「いつの間にか戦争に染まりきっているよな」「僕は嫌なんです。人殺しをしているところで大人になるなんて」これらの台詞は過去のガンダムシリーズ、特にファーストガンダムの全否定に近い。戦場という「非日常」で大人になってしまったアムロが、続編のZガンダムにおいては、豊かで平和な「日常」(軟禁生活だけど)に適応できないダメ人間になっていたのを思い出して欲しい。ウォン・リーの娘、ステファニーにも突っ込まれていたが、アムロが元気になるのは戦場だけなのだ。クワトロ(シャア)の「これ(戦争)以外に食う方法を知らないからさ」も、茶化してはいるが半分は本音だろう。そのためか、このVガンダムと続く∀ガンダムでは富野は戦争という「非日常」よりは、むしろ「日常」における成長物語を描くことに腐心している。このエピソードにおいても、ウッソをはじめとするホワイトアークの面々は、戦場という「非日常」の中で「日常」を取り戻すために、戦場の真っ只中で遊んでいる。そう、当たり前だが、この「日常」こそ、必死になって創り上げるものなのだ。

 

しかし、ウッソの父親ハンゲルグは、息子の運んでくる、この「日常」の匂いが鬱陶しいらしい。いつも息子に対してそっけない態度をとり続けている。彼が戦争を始めた理由は、そもそも「日常」を取り戻すため、だったはずなのだが、いつのまにか「日常」に帰ってこれない本物の「戦争マニア」になってしまったようだ。そして、カテジナも、また、このハンゲルグと同じように、退屈な「日常」に対する不全感と苛立ちを、戦争という「非日常」にぶつけているのだろう。