カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

2016-09-20から1日間の記事一覧

Vガンダム 35話 母かシャクティか

ここに到っても、ウッソは母親の存在に拘泥する。過去のガンダムシリーズの主人公ならとっくに乳離れしている頃だ(年齢的には当然だが)。しかし、ここでウッソは実母かシャクティかの二択を迫られ、結果としてシャクティを選択することになる。シャクティ…

Vガンダム 34話 巨大ローラー作戦

一年戦争は建前として「弱者」が生き残るための反乱だった。だが、このVガンダムに登場するクロノクルとカテジナは「お坊ちゃん」と「お嬢さん」である。二人とも貧しさとは無縁であり、生き残るために戦う必要なんて全く無いはずだ。そう、世間知らずで頭で…

Vガンダム 33話 海に住む人々

「世界が変わってゆくところを見たい」。カテジナの台詞だ。だが、よく考えてみればウーウィッグ特別区に住むプチブルだったカテジナにはこんな台詞を吐くための切実な理由が無い。彼女の抱える不幸はせいぜい両親の不仲と、友達がいないという程度のことで…

Vガンダム 32話 ドッゴーラ激進

「あんなマシンで本気なんだ!?」ウッソが驚くのも当然で、このエピソードに搭乗するMAドッゴーラは日本昔話に出てくる「竜の子太郎のパロディ」だ。バイク戦艦と同じか、それ以上のトンデモメカで思わず脱力してしまうが、脚本、作画、演出が高いレベルで…

Vガンダム 31話 モトラッド発進

戦争に興じる大人たちを片目に、掃除や炊事について語り合うシャクティとスージーが印象的だ。他の戦争(ロボット)アニメを観ていると、人の生が戦場や革命という「非日常」に全て集約されるように錯覚するが、実際は彼女たちが言うように「人が生きていく…