カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム

Vガンダム 24話 首都攻防

カテジナがその上昇志向をさらに剥き出しにする。クロノクルに「あなたはどんな野心を抱いているの」と尋ねるシーンがそれだ。彼女はクロノクルの器の大きさを測り始めている。なぜなら、彼女は捕まえた男のランクで自分の価値が決まると思っているからだ。…

Vガンダム 23話 ザンスカール潜入

病気にかかったマルチナを治療するため、ウッソたちはザンスカール本国に潜入する。そしてこの間、リガ・ミリティアとザンスカールの戦いの動向は視聴者には全く分からない。ガンダムを戦記物として観ている視聴者は戸惑うと思う。物語のどこにピントが合っ…

Vガンダム 22話 宇宙の虎

ここにいたっても、ウッソの戦う動機は「シャクティを探すこと」だ。マーベットとジュンコは軍人としての自覚がないウッソを最初は叱るのだが、結局は根負けし、彼がシャクティを探しに出かけることを許可してしまう。Vガンダムにおける女性たちは自分自身で…

Vガンダム 21話 戦略衛星を叩け

これまでに繰り返されたスケールの小さい小競り合いとはうって変わり、ザンスカール、リガ・ミリティアの双方が全力でぶつかりあう。派手なモビルスーツ戦、死力を尽くして戦う兵士たち。過去のガンダムシリーズの中でも比較的力が入った作画と演出で、ロボッ…

Vガンダム 20話 決戦前夜

カイラスギリー艦内でシャクティと出会ったカテジナは、彼女の存在に苛立ちを覚える。シャクティは宇宙漂流していたところをザンスカールの艦艇に救助され、その際の身体検査で女王マリアの娘であることが判明したため、カイラスギリー艦内に保護されていた…

Vガンダム 19話 シャクティを探せ

オデロ・ヘンリークは自他共に認める子供たちの兄貴分だ。そして彼はこの作品中でもっとも男らしさにこだわっている。この19話において、彼はザンスカールの偵察部隊に対して勇敢にも戦いを挑む。ここでの彼の台詞は「女を守るのが男の役目だろ!」だ。だが…

Vガンダム 18話 宇宙艦隊戦

リガ・ミリティアのリーダー、ジン・ジャハナムが父親の消息を知っているのではないかと期待したウッソは彼に面会する。だが、この(偽)ジン・ジャハナムは等身大を通り越して、あまりにも卑小な男だった。ウッソは彼の人間性に深く失望し、苛立つ。マーベ…

Vガンダム 17話 帝国の女王

総集編であると同時に、ザンスカールの正体が明かされる。 Vガンダムの放送当時(1993年)、敵が国家や軍隊ではなく、カルト教団であることに対して「リアルではない」という批判があった。だが、その2年後には本当に某カルト教団が毒ガスを散布してしまうの…

Vガンダム 16話 リーンホース浮上

「主義者というのは、いつの時代も…」 ここで出会うザンスカールの将兵たちは比較的まともな大人なのだが、そんな彼らに、マーベットは「レジスタンスの抵抗運動に子供を利用する、お前たち(リガ・ミリティア)は狂っている」と突っ込まれる。マーベットは…

Vガンダム ファラ・グリフォン

ファラ・グリフォンはガンダムシリーズ中でもかなり魅力的なキャラだ。彼女は初登場時からすでに、レジスタンスの抵抗とラゲーン基地建設の遅延に悩まされているのだが、さらにクロノクルという「偉いさんの身内」の新人研修を押し付けられてしまう。だが、…

Vガンダム 15話 スペースダスト

過去のガンダムシリーズには三国志に登場するような英雄、己の力量一つで乱世を渡るカリスマたちが数多く登場してきた。シャアはもちろん、シロッコやハマーン、マ・クベだってそうだろう。そして彼らの言動の一つ一つはファンを喜ばせ、ガンダムを痛快な娯…

Vガンダム 14話 ジブラルタル攻防

ビルドゥングスロマンのビの字も無い14話。 カテジナたいして並々ならぬ執着心を見せるウッソは、このジブラルタルでとうとう彼女と接触することに成功する。ここでウッソはカテジナが宇宙に行くことを引きとめようとし、それが不可能だと知ると、今度は自分…

Vガンダム 13話 ジブラルタル空域

この13話では、ディスコミュニケーションが元で状況が誰にとっても悪化してしまうという、富野的作劇法の基本が見て取れる。 リガ・ミリティアは事前連絡もなく、政治的に中立のPCST(宇宙引越し公社)の飛行場を使用し、さらにはマスドライバーの使用を要請…

Vガンダム 12話 ギロチンを粉砕せよ

富野作品についての解説を読むと、よく目にするのが「擬似家族」という言葉だ。彼の作品では主人公が家族から離れ、家族的なコミュニティに参加することが多い。ファーストガンダムにおいて、アムロが家族を離れてホワイトベースの仲間たちへと向かったこと…

Vガンダム 11話 シュラク隊の防壁

シナリオ的には特筆することがないようで、よく観れば富野的モチーフに溢れた11話。 この11話において見られる腐敗した地球連邦軍、ウッソとオデロの喧嘩、その喧嘩を見守るシュラク隊、というのは「機能不全の男性社会、男らしさを巡って争う男、そんな男た…

Vガンダム 10話 鮮烈!シュラク隊

シュラク隊の存在は、ガンダムシリーズと現実における男の地位低下を如実に表すものだ。また、これはウッソの周りに憧れや反発の対象となる大人の男がほどんど存在しないことを示している。代わりにいるのはウッソを際限なく甘やかしてしまう母親気取りの女…

Vガンダム 9話 旅立ち

嫌々ながらカサレリアを離れるウッソと、すがすがしい表情でウーウィッグを出て行くカテジナの姿は、非常に対照的だ。ウッソと違い、カテジナには故郷によい思い出が一つも無いのだろう。これは成長しない(できない)ウッソと、成長したいカテジナの明瞭な…

Vガンダム 8話 激闘!波状攻撃

前回7話において、カテジナはザンスカールに合流するのだが、そこもまた彼女の理想郷ではなかった。同じ女であるファラ・グリフォンからは「女は信用できない」と言われ、ピピニーデンには召使い扱いされる。そしてこの8話では直接的にではないが、彼女を連…

Vガンダム 7話 ギロチンの音

ファーストガンダム以後のロボットアニメは、いかにして主人公に戦う理由を与えるかに苦心してきたといっていい。この7話はそういったロボットアニメの苦悩がストレートに表れている回だ。 今どき、いきなり世の中のため人のために立ち上がってしまう熱血少…

Vガンダム 6話 戦士のかがやき

カテジナとオイ・ニュング伯爵がクロノクルに拉致されてしまう。ここで、クロノクルは捕虜としたオイ伯爵とカテジナを非常に丁寧に扱い、さらにはカテジナに悪戯しようとした、同僚を制止する正義感も見せている。カテジナがクロノクルについて行く覚悟を決…

Vガンダム 5話 ゴッゾーラの反撃

とうとうカテジナが不当な大人社会への苛立ちを爆発させる。ただ、彼女の「子供を戦争に巻き込むな」という言い分は理屈の上では正しいのだが、あの状況下であえて言うべきことではないだろう。頭でっかちに世界を理解しようとしている彼女には目の前の現実…

Vガンダム 4話 戦いは誰のために

Vガンダムというのはビルドゥングスロマン(成長物語)の明確な否定からスタートしている。なぜなら、過去のガンダムシリーズにおける主人公の成長というのは、結局は立派な軍人になることでしかなかったからだ。ガンダムという兵器を操りながら、社会的な自…

Vガンダム 3話 ウッソの戦い

カテジナの家庭の事情が明らかになる。彼女の母親は不倫中であり、父親はそんな母を見て見ぬふりをし続ける。しかも、その父親は、自分と自分たちの家族を助けるために、ザンスカールの特殊部隊であるベスパのイエロージャケットと裏取引をしているのだ。当…

Vガンダム 2話 マシンと会った日

この2話ではカテジナがほとんど登場しないのだから困ってしまう。ウッソがカテジナにメールを送るシーンで一瞬登場するだけだ。さて、その一瞬のシーンでは彼女が「お嬢さま」と呼ばれる程度には裕福であることが分かる。ガンダムF91までの登場人物が戦争に…

Vガンダム 1話 白いモビルスーツ

Vガンダムの実質的な主人公がヒロイン カテジナ・ルースであることに異論のある人は少ないだろう。しかし、彼女の魅力が分かりづらいものであることも確かだ。そこで、これからVガンダム一話一話のカテジナの言動を追っていくことによって、彼女と、そしてV…

Vガンダムのこと

機動戦士VガンダムがブルーレイDVD化したらしい。 「機動戦士Vガンダム」が“最高画質”で7月からBD-BOX化 - AV Watch いつものことながら、監督 富野由悠季自身は、この作品について否定的な発言を繰り返している。だけれども、それは非常にもったいないと思…