カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 1話 白いモビルスーツ

Vガンダムの実質的な主人公がヒロイン カテジナ・ルースであることに異論のある人は少ないだろう。しかし、彼女の魅力が分かりづらいものであることも確かだ。そこで、これからVガンダム一話一話のカテジナの言動を追っていくことによって、彼女と、そしてVガンダムという作品の魅力を多くの人に伝えられればと思う。上手くまとまるか不安だが、とりあえず始めてみたい。


この1話でのカテジナの言動はかなり常識的なものだ。むずがる赤ん坊のカルルに気をまわしたり、爆撃されたウーウィッグの光景を子供たちに見せないように指示したりと、比較的よい人に見える。しかし、その一方で「ウーウィッグの街は堕落していたので、爆撃されても仕方なかった」と発言し、また「リガ・ミリティアのゲリラ活動のせいでウーウィッグが爆撃された」ことを非難し、さらにはウッソが(子供でありすぎるために)ガンダムに搭乗することを咎めるような素振りもみせる。ここから判断できる彼女の性格は、おそらくは「潔癖症」である。悪の大小を問わず、彼女は倫理的に厳しいのだ。ウーウィッグの腐敗も、戦争に子供を駆りだすリガ・ミリティアの戦術のことも彼女は許そうとしない。ところで、後に彼女と行動を共にすることになるクロノクル・アシャーもこの第一話から登場しているが、地上の埃を嫌う彼もまた「潔癖症」なのは興味深いと思う。