読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 4話 戦いは誰のために

Vガンダム

Vガンダムというのはビルドゥングスロマン(成長物語)の明確な否定からスタートしている。なぜなら、過去のガンダムシリーズにおける主人公の成長というのは、結局は立派な軍人になることでしかなかったからだ。ガンダムという兵器を操りながら、社会的な自己実現を図り、同時に大人の責任をも果たすというのは実際そういうことだろう。だがその結果、アムロ・レイはあれほど嫌がっていた軍人としての立場を降りることが出来きず、逆襲のシャアにおていは、大人にはなったがニュータイプとしては、ある意味で失速してしまっている。そして最後はアクシズと共に光の中に消えてしまう。ランバ・ラルを目標とし、彼を乗り越えた時点で彼の運命は決まっていたのかもしれない。富野はそれが嫌だったのだろう。このVガンダムにおいて、ウッソがガンダムに搭乗する理由は、最初から最後まで変化が無い。彼は最後までプロの軍人にならないし、同時に大人にもならないのだ。これは∀ガンダムの主人公ロラン・セアックにも通じる。彼もまた最初からある程度完成された人格の持ち主であり、それは最終回まで変わらない。