カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 5話 ゴッゾーラの反撃

とうとうカテジナが不当な大人社会への苛立ちを爆発させる。ただ、彼女の「子供を戦争に巻き込むな」という言い分は理屈の上では正しいのだが、あの状況下であえて言うべきことではないだろう。頭でっかちに世界を理解しようとしている彼女には目の前の現実が見えていない。いや、見えているのだがそれを受け入れられない。

 

しかし、カテジナが抱えるこの10代特有の苛立ちは過去のガンダムシリーズの主人公にも共通していたはずだし、カミーユなどはこの苛立ちを原動力にZガンダムを駆ったのではなかったか。そういう意味では素直すぎるウッソよりもカテジナの方が過去の主人公たちにより近いといえると思う。そして実際、このVガンダムという物語の中でビルドゥングスロマンの階段を駆け上がるのは主人公ウッソではなく、むしろカテジナの方だ。