読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 6話 戦士のかがやき

カテジナとオイ・ニュング伯爵がクロノクルに拉致されてしまう。ここで、クロノクルは捕虜としたオイ伯爵とカテジナを非常に丁寧に扱い、さらにはカテジナに悪戯しようとした、同僚を制止する正義感も見せている。カテジナがクロノクルについて行く覚悟を決めたのは、おそらくこの瞬間だろう。今まで汚れた大人ばかりを目にしてきた彼女には、クロノクルがまさに高潔な白馬の騎士に見えたに違いない。しかも実際に彼はザンスカール女王の弟なのだから。

 

また、もう一人のキーパーソンはワタリー・ギラだろう。彼はガンダムパイロットが幼い子供=ウッソであることに激しく動揺し涙すらみせる。これはここまでの彼の非情な戦闘行為から見ればかなり違和感のあるシーンで、唐突な感が否めない。もちろん演出、脚本ミスの可能性もある。しかし、後々登場するザンスカールの将兵たちの中には、ワタリーと同じようにガンダムパイロットが子供であることを知ると激しく動揺する者が多い。こうなると彼らは子供に対して、何か特別な感情を抱いていると考えるのが自然だ。そして今後、こうした子供を巡る大人たちの言動はVガンダムを読み解く上でのヒントになっていくと思う。