読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 7話 ギロチンの音

Vガンダム

ファーストガンダム以後のロボットアニメは、いかにして主人公に戦う理由を与えるかに苦心してきたといっていい。この7話はそういったロボットアニメの苦悩がストレートに表れている回だ。

 

今どき、いきなり世の中のため人のために立ち上がってしまう熱血少年なんていないだろう。ファーストガンダムはその問題を最も巧妙に切り抜けた作品の一つだ。アムロはまず、フラウ・ボウを助けるためにガンダムに乗り込み、なし崩し的にホワイトベースのクルーに編入される。その後すぐに戦闘を拒否してしまうのだが、今度はブライト・ノアの挑発に乗り「男として」自発的にシャアに戦いを挑みはじめる。そしてそのうちにホワイトベースのクルーを守るため、最終的には戦争を終わらすために、自発的にガンダムに乗り込むようになる。こうしてアムロの戦う理由が個人的なものから、社会的なものへと上手く繋がり、その結果として、彼の成長が達成される。

 

しかし、それでも「戦うのは僕じゃなくてもいいはずだ」という疑問は強く残るだろう。ここで過去のガンダムシリーズが持ち出している理由が「男らしさ」へのこだわりだ。アムロが自発的にガンダムに乗ることを決心したのは、男としてシャアと戦うためだった。「悔しいけれど、僕は男なんだな」という台詞がそれをよく表しているだろう。これはカミーユにおいても同様だ。カミーユはジェリドの「なんだ男か」という発言に過剰に反応し、男の証明としてジェリドに殴りかかる。そしてマークⅡを強奪したのはティターンズと、それを代表するジェリドに対して復讐するためだ。

 

このようにガンダムシリーズ序盤における主人公の戦う理由は、男らしさの証明のためという側面が強い。だが、Zガンダム以降の富野作品においてはこの「男らしさ」というのは徐々に否定されていく傾向にある。実際、このVガンダムではウッソにはザンスカールに対する個人的恨みがあるわけでもないし、男らしさをぶつけるための目先のライバル存在しない。ウッソは自分たちとカサレリアの安全が確保出来ればそれで満足してしまう。したがって、リガ・ミリティアの大人だちはウッソに戦う理由を与えることが出来ない。苛立つ彼らは、ウッソにオイ伯爵の殺害シーンまで見せて説得しようとするのだが、これはウッソの大人たちに対する不信感を強めただけで、逆効果に終わってしまう。こうしてVガンダムにおけるウッソの戦う理由は、基本的にいつまでも個人の域を出ないままなのだ。