カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 8話 激闘!波状攻撃

前回7話において、カテジナザンスカールに合流するのだが、そこもまた彼女の理想郷ではなかった。同じ女であるファラ・グリフォンからは「女は信用できない」と言われ、ピピニーデンには召使い扱いされる。そしてこの8話では直接的にではないが、彼女を連れ帰ったクロノクルが同僚から嘲笑されることになる。


思い返せば彼女は家庭でも、ウーウィッグでも、リガ・ミリティアでもこうして居心地の悪い思いをしていた。そして、それはザンスカールにおいても同様なのだ。しかしそれは環境の問題以前に、こういった「汚れた社会」が全く我慢ならない彼女にも問題がないだろうか。彼女は常に理想の世界を心に思い描きすぎている。だが、一方でそのような現状に満足しない気持ちこそが人間の成長を促すのも確かだ。