読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 9話 旅立ち

嫌々ながらカサレリアを離れるウッソと、すがすがしい表情でウーウィッグを出て行くカテジナの姿は、非常に対照的だ。ウッソと違い、カテジナには故郷によい思い出が一つも無いのだろう。これは成長しない(できない)ウッソと、成長したいカテジナの明瞭な差が表れた瞬間でもある。過去のガンダムシリーズの主人公が全員故郷を離れることで自立していったことを思い出して欲しい。そういう意味ではカテジナはウッソよりも過去の主人公に近いのだ。

 

また、この回ではカテジナがその上昇志向を初めてはっきりと表にあらわす。「リガ・ミリティアのやり方には問題があるから、ザンスカールのやり方を学びたい」「前に進みたい」等々の発言だ。確かにこうした彼女の成長への意欲は至極真っ当なものなのだ。しかしリガ・ミリティアがNGでザンスカールならOKという判断はどこから来たのか。だいいちこの時点で、すでに彼女はザンスカールにも違和感を抱いている。彼女はシャクティの家に乗り込んだイエロージャケットのメンバーと全く打ち解けようとせず、目すらあわせていない。そしてさらに違和感を受けるのが、彼女の「このままでは世界は絶望的よ」という発言だ。どうもいきなり大きなことを言い出している感が否めない。おそらく彼女は基本的にはクロノクルについて行きたいだけなのだ。しかしそれと同時に彼女は成長を焦ってもいる。ここでの「このままでは私たち駄目になってしまう」という彼女自身の発言がそれを裏付けている。そして結局この焦りに彼女は足をすくわれることになる。