カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

泉野明 ~少年少女~

泉野明というのは実質的に少年として描かれていると言っていいと思う。体育会系でレイバーオタク。。。劇中の描写を見ても、wikipediaのまとめを見てもそうである。

そんな少年のような少女が持つのは、特車二課 第二小隊の男たちにはない元気 ー太田功を除くー とピュアさであり、彼女が持たないのは同じく第二小隊の男たちの持つ屈折と性愛への欲求である。そしてそんな彼女を中心に、いや、そんな彼女を見守る男たちの姿を中心に、コミックス版パトレイバーの物語は進んでいく。

余談かもしれないが、当時の働く女性たちに力を与えたのはバブル景気による女性の雇用拡大と、1986年に施行された男女雇用機会均等法と、そして泉の場合は、加えて篠原重工製イングラムであった。そういう意味でも、野明の設定にはそれなりの説得力が存在するのかもしれない。そして、そんな政治経済的な追い風を背景に、泉野明はこの特車二課で比較的屈託なく、元気いっぱい働くことになる。

しかし、この野明と、そして太田がイングラムのパイロットだというのは、ちょっと面白い。太田がイングラムに乗れるのは、ある意味で鈍いからである。だが、野明がイングラムに乗れるのは、おそらくは彼女が、ある意味でピュアな ー屈折のないー 一昔前のロボット好き少年だからではないだろうか。