読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

太田功 ~暴走する正義の男~

(繊細な?)サンデー男子の感性とは相いれない、ジャンプ・マガジン的感性の持ち主として描かれる太田功。彼の存在意義のその半分は、遊馬や野明を引き立てることである。つまり考える遊馬や感じる野明に対して、考えないし感じない脳筋男というものだ。そして作者 ゆうきまさみの考える、躊躇せず正義の力を執行できる男、の象徴でもある ーだからこそイングラムに搭乗できるー。時々、急に内省的になって、野明や遊馬のドラマに絡んでくるのだが、暫くするとまたコメディリリーフ的な役割に戻ってしまう。

この彼の存在はパトレイバーという作品のテーマの一つを浮かび上がらせるのではないだろうか。それは太田じゃない人間は、どのようにすればレイバー(ロボット)に乗って、正義を執行できるのか、であり、また太田の正義はどのように担保されるのか、だ。

後者の疑問については作者がすぐに答えを提示してくれる。それは太田を指揮するのが熊耳武雄 ー女性ー だということだ。つまり正義 ーその暴力ー を振るう男性を女性がコントロールしているのである。そしてこの構図は、南雲しのぶ率いる特車二課 第一小隊にもそのままあてはまってしまう。