読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

熊耳武緒 ~パイロットのパイロット~

泉野明がロボットに乗る少女なら、この熊耳はロボットに乗る男性 ー太田功ー を操作する女性だ。その意味では男性たちを率いる第一小隊の隊長 ー南雲しのぶー と同じカテゴリに収まる。

また、彼女自身が自己申告してしまうのだが、ドラマのポジション的には学級委員長である。そして、劇中における彼女の役割は、主に以下に集約される。

・太田のコントロール
・学級委員長
・内海とのギミック(ラストの伏線)

そういう意味では、徹頭徹尾「設計されたキャラクター」だと思う。内海との恋愛についても、突っ込まれた描写はなされていないし、何が彼女の問題だったのかという課題設定もなされていないように見える。内海が死んだ(?)後、野明が ーあまり根拠なくー 「彼女は強くなって帰ってくる」と断言するのだが、しかしそもそも「彼女の克服すべき弱さ」や「成長」とは何だったのだろうか?正直なところ、もし彼女が普通の神経の持ち主であれば移動か、退職を願い出てしまうのではないだろうか。(劇場版2の南雲の件より、ずっと深刻である)

そういう意味では語弊のある言い方かもしれないが、作者自身、あまり彼女には興味がなかった、のかもしれない。