カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

香貫花・クランシー ~女・太田功~

アニメ版からの逆輸入のような形で、コミックス版の後半に登場した。

作者のゆうきまさみは、この香貫花の取り扱いに困ったという。その理由は何となく分かる。なぜならアニメ版における香貫花は、言ってみれば女性版 太田功だからだ。

もし彼女をアニメ版のキャラクターのまま搭乗させてしまった場合、劇中の暴走キャラが2人になってしまい、作者が作品をコントロールできなくなってしまっていたのではないだろうか。また、それはコミックス版のモチーフの一つ ー正義の暴力をコントロールする女性ー ともコンフリクトを起こしてしまうだろう。

そのためだろうか。コミックス版においては、彼女の暴走性は影を潜め、その代わりに海外のバリキャリ女刑事として登場することになる。しかし、その副作用として落ちこぼれの第二小隊 ーゆうきまさみの本来の世界観ー とは相性が合わなくなってしまっている。少しドジな部分を残せばよかったのかもしれないが、そうすると熊耳とキャラが被ってくるのでそれも難しかったのかもしれない。結果的にコミックス版では印象の薄いキャラである。