カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

地球防衛軍 ~エコ左翼~

いわゆる環境左派 ーエコ左翼ー と呼ばれる人々。その母体となったマルクス主義やら共産主義やら新左翼についてはネットで検索してもらえばいいと思う。この地球防衛軍はそんなかつての新左翼のなれの果てだ。

彼らが環境保護運動にコミットしている理由だが、パトレイバーの連載が始まるずっと前、1970年代後半にはそれまで左翼が依拠していたマルクス主義の威信が相当低下してしまっていた。それでも社会改良や革命をあきらめなかった一部の活動家が持ち出したのが環境保護という思想である。つまり、資本主義や人間の上位概念として自然=地球を設定し、その自然保護の立場から社会批判を行うというものだ。たとえば、宮崎駿ナウシカ(劇場版)はそんな環境左派の思想をダイレクトに反映している。

とはいえ時は1980年代後半、バブル下の東京である。そんな思想を真面目に信じている人などほとんどいない。そのため、このパトレイバーに登場する地球防衛軍も確固とした信念をもって活動している訳ではない。したがって、彼らのやることは土木作業用レイバーを盗んでは適当に暴れて日常の憂さ晴らしをするだけにとどまってしまう。たとえば内海をはじめとする企画七課は、西ドイツ ー当時まだ存在していたー から軍用レイバー ブロッケンを密輸してこの地球防衛軍にあてがうのだが、そんな巨大な力を手に入れたにも関わらず、彼らは第二小隊と小競り合いをした程度で十分とし、その後はあっさりとブロッケンから降りてしまう。

別の言い方をすればこの作品世界ではレイバー(ロボット)に乗って真面目に戦う理由を誰も持っていないとも言える。そういう意味では、これはロボットもの ー正義と悪ー がストレートに成立しない世界の物語であり、実際、特車二課の隊員たちと作者は、倒すべき敵を求めてさまよっているように見えなくもない。