読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

ブロッケン ~政治のレイバー~

パトレイバー

企画七課が西ドイツ ー当時はまだ東西冷戦下だったー から持ち込んだ正真正銘の軍用レイバー。物語上は、グリフォンのための戦闘データ収集用であった。このわざわざ外国から運んできた軍用レイバー、つまり政治のレイバーに企画七課は環境左派地球防衛軍のメンバーを乗せてイングラムにぶつける。だが、前述したように彼らはイングラムと多少の小競り合いをした程度で十分とし、このブロッケンからあっさりと降りてしまう。

巨大ロボットを父の力と見立てるならば、このブロッケンこそ正真正銘の父から与えられた力だ。だが、本国の西ドイツではいざ知らず、この ー架空のー 1998年の東京において、そこに「父の意志や倫理」が宿ることはなかった。