読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

AVS-98 イングラム・エコノミー ~正義の値段~

その名の通りイングラムの廉価版である。価格はわずかにオリジナルの10分の1だ。

以前、パトレイバーの世界には政治のレイバーと経済のレイバーの2種類が存在すると書いたのだが、このイングラム・エコノミーはその片足を経済のレイバーに突っ込んでい る。正義が安く買えるなら、その方がよいと言うわけだ。(ある意味、真っ当な考えだが)

コミックス版パトレイバーは、今読むと驚くほどに金の話ばかりしているのだが、それは作者が金にがめついという訳ではない。むしろその逆で、作者は金で買えない ーはずのー ロマンについて描こうとしており、ゆえに正義に値札をつけようというこの機体を好意的には描写しない。

また、この経済効率という観点から見ると、特車二課=イングラムと、企画七課=グリフォンは同じコインの裏と表だと言える。彼らはある意味で同じロマン ー金で買えないものー を共有しており、ゆえに時々その価値観が一致してしまう ーように見えるー。だがそのロマンの追求方法が異なるために、彼らは対立しているのだ。

一方、このイングラム・エコノミーを父の力と解釈する視点からみると、これは興味深い機体でもある。なぜなら篠原遊馬が唯一積極的に乗り込み、そしてグリフォンに瞬殺された機体からだ。廉価版というエクスキューズはあるにせよ、やはり遊馬は父の作ったロボットに乗って戦えないのである。