カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Type-J9 グリフォン ~趣味のレイバー~

政治のレイバーではなく、経済のレイバーでもない、第3のレイバー。つまり「趣味のレイバー」だ。(※悪のレイバーではない)

このグリフォンはコストパフォーマンスという概念を度外視して開発されている。将来的にはその基礎技術や、開発スタッフが利益を生み出すはずだ、というエクスキューズが与えられてはいるものの、基本的には企画七課、いや内海個人の「おもちゃ」でしかない。

そして、コストパフォーマンスの悪さや趣味性の高さという点からいえば、イングラムもまたこの趣味のレイバーというカテゴリに、その片足を突っ込んでいる。

したがって、ある種のトイストーリーとしてコミックス版パトレイバーをみると、それはイングラムグリフォンという趣味のレイバー ーおもちゃー が同士が争いながら、前者は大人の世界からその存在を承認されることで生き延び、後者はおもちゃの世界に留まり続けることで ー大人の世界にー 敗北してゆく物語だと言える。

そしてそれは特車二課 第二小隊と、企画七課の運命そのものでもある。