カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

パトレイバーの世界観

パトレイバーの世界観について、改めて触れたいと思う。それは近未来であるとか、レイバーが実用化されているとかそういうことではない。もっと観念的な世界観だ。この作品世界は4つの象限に分けられる。

1) 汚い大人の世界(篠原一馬、藤倉、徳永、平光)

2)誠実な大人の世界(後藤、榊、実山)

3)80年代バブル東京(内海、企画七課)

4)イノセントな子供の世界(バド)

 

                                                         |大人

  後藤、特車二課、榊、実山            |        篠原一馬、藤倉、徳永、

                                                         |        平光、宇垣
                                                         |
                                                         |
                                                         |
   野明              遊馬                          |
-----------------------------------------|-----------------------------------------
下層/ 外周                                         |                                     上層/ 東京
                                                         |
                                                         |                              内海、企画七課
                                                         |
                                                        |
                                                        |
バド                                                 |子供

 

 

1)コミックス版パトレイバーの背景には、通奏低音のように汚い大人の世界(高度資本主義)が横たわり、または壁となって立ちはだかっている。主人公たちはこの世界を砕くことも、突破することもできない。それはシステムとして特車二課の世界にも組み込まれており、彼ら自身から引き剥がすこともできない。なぜなら、元をたどればイングラムもこの世界からやってきたからだ。その意味において、特車二課とこの世界との戦いは基本的に発生しない。それは登場人物各々の心の中で行われ、また処理されるべき戦い、常に負け戦だ。

 

2)誠実な、だが弱い大人の世界。彼らはバブル東京(高度資本主義)から完全に逃れられないことは承知しながらも、そこに無反省に埋もれることをよしとせず、一定の距離をとって東京湾13号埋立地に集っている。当然、泉野明や遊馬もここに所属している。

 

3)80年代バブル東京。それは子供のまま大人になってしまった元光画部=企画七課が遊ぶ世界だ。そこでは全てが相対化され善と悪、仕事と遊び、大人と子供、虚構と現実の区別がない。だから企画七課はゲームの開発を行っていたのである。東西冷戦下における逆説的な政治的安定、ジャパン・アズ・ナンバーワンと言われた当時の経済的状況、政治的イデオロギーの衰退。1980年代という時代とバブルが、この世界の存在を許した。そして最初の汚い大人との戦いが成立しない以上、特車二課第 二小隊と衝突するのは、この内海の世界になるだろう。

 

4)イノセントな子供の世界。おそらく全ての登場人物がこの世界からやってきたはずだが、それが劇中で描かれることはない。それはすでに日本内には存在せず、海の向こうにあるのである。バドは、そこから80年代 バブル東京に移ってきた。そして、そこで徹底的にスポイルされることになる。

 

以上がコミックス版パトレイバーの大まかな見取り図だろう。そしてこの世界における野明のミッションは3)を倒しつつ1)の世界を振り切って大人になることだ。