カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 12話 ギロチンを粉砕せよ

富野作品についての解説を読むと、よく目にするのが「擬似家族」という言葉だ。彼の作品では主人公が家族から離れ、家族的なコミュニティに参加することが多い。ファーストガンダムにおいて、アムロが家族を離れてホワイトベースの仲間たちへと向かったことを思い出して欲しい。

だが、家族や既存の社会システムがうまく機能していないからといって、擬似家族を作るのは、そんなに簡単に出来ることだろうか。

この12話はVガンダムにおける、擬似家族の限界が露呈する最初のエピソードだ。ここで登場する初老の男、ロブが求めているのはウッソと擬似家族を作ることだ。しかしウッソは戸惑い、それをやんわりと拒否する。ウッソの方では初対面なのだし、そもそも彼が求めているのは擬似家族なんかではなく、本物の両親なのだ。また、このエピソードで面白いのは、この擬似的な家族の提案が大人の方からなされていることだ。過去のガンダムシリーズにおいて擬似家族を求めていたのは、情緒不安定な少年たちの方だった。だが、ここで情緒不安定なのはむしろ大人の方になっている。