読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 15話 スペースダスト

過去のガンダムシリーズには三国志に登場するような英雄、己の力量一つで乱世を渡るカリスマたちが数多く登場してきた。シャアはもちろん、シロッコハマーンマ・クベだってそうだろう。そして彼らの言動の一つ一つはファンを喜ばせ、ガンダムを痛快な娯楽作品にしてきたはずだ。だが、このVガンダムではこうしたカリスマたちは登場しない。代わりに登場するのは、世の中どころか自分の人生すらまともにコントロール出来きずに苦しむ、ちっぽけな、だが等身大の大人たちだ。

 

たとえばシャア的な存在として、ウッソのライバルとなることが期待されたクロノクル・アシャー。彼は実際のところ企業の新入社員程度の存在でしかない。また序盤におけるボスとして登場したはずのファラ・グリフォンだが、彼女は初登場の時点からすでに失敗を繰り返しており、焦っていて全く余裕が無い。しかも、この15話ではとうとうリストラされてしまう。ウッソと戦う以前の問題だろう。最後に、この15話で登場する「宇宙の虎」ゴッド・ワルドだ。本来なら彼はファーストガンダムのランバ・ラル的ポジションにいるべきなのだが、ここでの彼はいきなり「敗残兵」として登場し、なんとウッソに施しを受けてしまう。男の権威の失墜もここに極まれりである。

 

このようにVガンダムでは少年が次々と表れる強大な敵を倒しながら、ステップアップしていくという物語が成立しない。視聴者にとってはかなりフラストレーションの溜まる展開のはずだ。だが、現実世界において目の前の大人を次々と乗り越えて成長していく少年なんて、誰か見たことがあるだろうか。TVの中のスポーツ選手ならあるかもしれない。だが、それはアニメを見ているような子供たちにとっては、ほぼ確実に手の届かない世界だろう。