読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 19話 シャクティを探せ

オデロ・ヘンリークは自他共に認める子供たちの兄貴分だ。そして彼はこの作品中でもっとも男らしさにこだわっている。この19話において、彼はザンスカールの偵察部隊に対して勇敢にも戦いを挑む。ここでの彼の台詞は「女を守るのが男の役目だろ!」だ。だが、本当はその戦いは避けられる可能性が十分にあったものだ。しかもモビルスーツに乗れないオデロは満足に戦うことが出来ない。その尻拭いをしたのはウッソだ。結局、彼の「男らしさ」は仲間を危険にさらし、また無駄に敵兵の命を奪っただけに終ってしまう。

 

しかし、なぜ彼は仲間を守れもしないのに、焦って戦ったのか。おそらく本当は、オデロは男らしさを見せることで、女の子にアピールし、自分の中のナルシシズムを満たしたかっただけなのだろう。というか、世間一般で男らしさと呼ばれているものの正体はほとんどこれだ。そして、彼は自分が実力不足で「男らしくない(モビルスーツに乗れない)」ことを自覚しているがゆえに、男らしさの証を立てようと焦って戦闘を開始したのだ。彼はモビルスーツパイロットになった後も同じことを繰り返してしまう。もちろん、そんな彼の愚かさを富野が見逃すはずもなく、結局オデロは最終話でそのツケを払う羽目になる。