カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 20話 決戦前夜

カイラスギリー艦内でシャクティと出会ったカテジナは、彼女の存在に苛立ちを覚える。シャクティは宇宙漂流していたところをザンスカールの艦艇に救助され、その際の身体検査で女王マリアの娘であることが判明したため、カイラスギリー艦内に保護されていたのだ。

 

カテジナからしてみればクロノクルに必死でついていくことで、やっと辿り着いたザンスカールというステージに、シャクティが運と才能で「あっさり」踏み込んできたのだから堪らない。しかも彼女は姫君として丁寧に扱われているのだ。ここまで我慢を重ねてステップアップしてきた(つもりの)カテジナの立場もなにもあったものではない。

 

以後、カテジナシャクティを突き放すべく、さらなる努力を積み重ねようとする。ここで彼女にもう少し回りを見渡す余裕があれば、もっと違った人生の選択肢や可能性を検討できたのだろうが、焦りと嫉妬に駆られる彼女は視野狭窄に陥ってしまい、そんなことにまで頭が回らなくなってゆく。