読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

公開当時のガンダムF91の評価

ガンダムF91

この作品、ガンダムF91における世間の一般の評価というものがいまいちよくわからない。私にしてもF91について何か思いだそうとすると、また、語ろうとすると何かボンヤリとした印象しか思い浮かばない。

 

おそらくは企画自体が尻切れトンボに終わっているためでもあると思うし、前作、逆襲のシャアと、次作、Vガンダムインパクトが強すぎるために、それらの間に挟まれたこの作品の印象が薄れてしまったためでもあると思う。

 

ただ、全体的な作品評価としては、やはりネガティブなものの方が多かったのではないだろうか。
その大きな理由としては前作、逆襲のシャアで総決算、打ち止めとなるはずだったガンダムサーガを、この作品が無理やり続けてしまっているように見えることだろう。

 

だが、もうひとつの理由として、それまで進歩・未来・SFを一種のキーワードにしてきたガンダムシリーズ最新作に、どこか、過去を振り返るようなイメージがつきまとっていたことがあるのではないだろうか。