カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 22話 宇宙の虎

ここにいたっても、ウッソの戦う動機は「シャクティを探すこと」だ。マーベットとジュンコは軍人としての自覚がないウッソを最初は叱るのだが、結局は根負けし、彼がシャクティを探しに出かけることを許可してしまう。Vガンダムにおける女性たちは自分自身でも自覚しているのだがウッソに甘い。

 

シャクティを探しに行ったウッソは「人食い虎」のゴッド・ワルドと再会する。だが、感傷的な別れ方をした前回と違い、今回の彼は徹底的に「戦士」としてウッソの前に立ちはだかる。生き残りたければ私を倒して一人前の戦士になれ、というのだ。


要するに、この22話は前半はウッソが母性に甘やかされる話、後半は父性の厳しさを乗り越えようとする話だ。ウッソはこのゴッド・ワルドを倒すことに成功する。そしてウッソはゴッド・ワルドが死の間際に「ウッソが一人前の戦士になった」と祝福してくれたことを感じる。だが、ウッソは彼の態度や行動には否定的だ。「だからって…結局、兵士同士ならこうなっちゃうんだよ!」

 

この後、ウッソはシャクティ探しを再開するのだが、これではやっていることが22話冒頭と全く変わらない。いまだ「一人前の戦士」ではない、ということだろう。ファーストガンダムにおけるアムロランバ・ラルを打ち倒し一人前の戦士に成長したのだが、Vガンダムにおけるウッソは戦士になることの意味が見出せず、それを拒否してしまう。ゴッド・ワルドの父性よりも、マーベットやジュンコの母性の方が彼にとっては受け入れやすいものだったのだ。