読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 26話 マリアとウッソ

女王マリアを人質にとってザンスカールからの脱出を図ったウッソだが、クロノクルに襲われて失敗してしまう。このクロノクルの、実姉マリアの身の安全を無視した行動には少々驚かされる。男としての成長を焦るクロノクルは、実弟としての個人的立場よりも、ザンスカール軍人としての、大人の立場を優先したのだろう。内心はかなりヒヤヒヤものだったと思われる。その証拠に、その後過労で倒れたマリアを気遣う優しい姿を見せているからだ。また、クロノクルはシャクティにも優しく接しているのだが、その一方で捕虜であるウッソを怒りのあまり殴り飛ばしてしまう。「男らしさ」に目覚めつつあるクロノクルにとって、今まで子供に翻弄されてきたという事実は我慢できるものではなかったのだろう。


それにしてもこのクロノクルの感情の起伏の激しさは面白い。これまで、クロノクルは素直で真っ直ぐだ、と言ってきたのだが、彼は何に対して真っ直ぐなのかというと、実は自分の感情なのだ。彼の優しさは、大抵いつも場当たり的で、感情任せだ。スージー、シャクティ、そしてカテジナ。すべてその場その場の気まぐれな感情に流されて同情し、助け、カテジナに至っては連れて帰ってきてしまう。そして、感情まかせに優しく振舞う男だからこそ、感情任せに子供を殴ってしまう。しかし、クロノクルにとってはそれら全てが「本気」の行為なのだ。後にカテジナがクロノクルのことを「そそっかしい」と評するが、それはかなり適切な指摘だ。そしてこんな彼だからこそ、カガチの語るマリア主義にあっさり感動し、それを真に受けてしまえる。もちろん、こうした言動は、誰にでもある程度見られる人間くさい言動だ。だが、クロノクルのそれは少々度が過ぎているように見える。