読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 27話 宇宙を走る閃光

シュラク隊のリーダー、ジュンコ・ジュンコがその短い生涯を終える。シュラク隊のメンバーは、彼女を筆頭に仕事にのめり込み過ぎて短命だ。ウッソに言わせると「生き急いでいる」。何故ここまで焦るのか。その理由は、実は彼女たちは今日でいうところの負け犬的存在(by 酒井順子)だからではないだろうか。


シュラク隊は登場当初から地球連邦軍に対して散々文句を言っていた。事実、見ればわかることだが、連邦軍の男たちはかなり頼りない。だが、それにも関わらず高級将校はみな男なのだ。彼女たちは仕事に打ち込み、有能であるにも関わらず、ある一定以上に出世していないし、評価されてもいない。所詮、連邦軍は男社会なのだ。失望した彼女たちはそこで初めて自分のプライベートに目を向けたのだろう。だが、そこには何も無かった。自分の公的な役割(軍人)に疑問を持ったときには、個としての役割(恋人、妻、母)も失いかけていたのだ。だから彼女たちはオリファー程度の男でも、必死になって奪い合うし、競ってウッソの母親代わりになろうとする。しかし残念なことにオリファーもウッソも一人しかいないし、他の男は年寄りばかりだ。結局、彼女らは前以上に仕事にのめり込む(逃避する)ことになる。もう戦争にしか自分のアイデンティティを託すものが無いのだ。


Vガン放送前夜、男女雇用機会均等法の施行と、バブル期の大量雇用によって女性の社会進出は一気に進んだ。しかし、当時キャリアウーマンともてはやされた彼女たちの一部は90年代不況の中で、本性を剥き出しにした男社会の壁にぶつかり挫折、またプライベートを疎かにした(つもりはないのかもしれないが)結果、今日では結婚も出来ないまま、負け犬とまで呼ばれている。シュラク隊とはVガン放送時(1993年)に富野が目にした、そんな負け犬予備軍がモデルだったのかもしれない。


もうひとつ、ウッソが放った大量破壊兵器ビッグキャノンだが、その形状は男性器そのものだ。どうやら富野は男性性の本質を暴力であると捉えているらしい。ウッソがそれを放つことは、彼が大人になろうとすることを意味する。だが、ウッソもシャクティもビッグキャノンの存在に否定的だ。しかも、それはカテジナ(少女)によって直撃を阻止されてしまうのだ。