読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 31話 モトラッド発進

戦争に興じる大人たちを片目に、掃除や炊事について語り合うシャクティとスージーが印象的だ。他の戦争(ロボット)アニメを観ていると、人の生が戦場や革命という「非日常」に全て集約されるように錯覚するが、実際は彼女たちが言うように「人が生きていくために大事なこと」は「非日常」の中ではなく、むしろ「日常」の中にこそあるのだろう。だが、そんな「日常」に人生の意味を見い出せなかった人物が、このVガンダムには登場する。カテジナ・ルースだ。彼女はより苛烈な「生」を求めて戦場という「非日常」に飛び込んでゆく。


さて一方、オリファー・イノエが急に張り切って子供たちの面倒を見始める。残り少ない人生を予感して、今のうちに父親として振舞っておこうとでもいうのだろう。もっとも、オデロのこの先の運命について考えると、彼のこの判断が正しかったどうかには少々疑問が残る。

 

このすぐあと、オリファーは戦死するのだが、この彼の特攻はハッキリ言って「無駄死に」だ。もちろん、富野は世代的に特攻についてかなりの思い入れがある。それは彼の初期作品を見ても分かると思う。ファーストガンダムでも多くの男たちが特攻によって「カッコよく」死んでいった。だが、Zガンダム以後の富野作品ではカッコいい特攻というのがあまり出てこない。大抵の場合失敗か、無駄死にかのどちらかだ。おそらく富野は心情的に特攻のことを美しいと感じる一方で、論理的には「アホらしい」とも思っているのだろう。それは男のナルシシズムを満たすかもしれないが、それだけのことである。また「死んだけれど、そこには意味があった」と信じたい、残された者たちの心情が「意味があるから、死ね」にすり替わってしまうことの危険性が頭にあるのかもしれない。いずれにせよ、こうしてオリファーは父親としても、戦士としても中途半端な存在のまま、この物語から退場する。