読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 32話 ドッゴーラ激進

Vガンダム

「あんなマシンで本気なんだ!?」ウッソが驚くのも当然で、このエピソードに搭乗するMAドッゴーラは日本昔話に出てくる「竜の子太郎のパロディ」だ。バイク戦艦と同じか、それ以上のトンデモメカで思わず脱力してしまうが、脚本、作画、演出が高いレベルでまとまっている力作回だ。これ以後のVガンダムは富野が全面に出てきたのか、スタジオがまとまって来たのか、一気に面白くなってくる。30話以降の展開で比較するならば、このVガンダムがTVシリーズ中では一番面白いと個人的には思う。


さて、このエピソードのキーパーソンは二人の駄目な大人、ブロッホとマーベットだ。モヒカン刈りのブロッホは一見して分かるように男性ホルモンのカタマリみたいな男だ。彼の苛立ちの原因は、かつてランバ・ラルドズル・ザビのような男たちのものだった戦場が、今や女子供に牛耳られてしまっていることにある。彼は戦場を再び男たちの手に取り戻そうと、MAドッゴーラに搭乗して出撃するのだが、結局は女子供の集団であるリガ・ミリティアに撃破されてしまう。Zガンダム以後の富野作品に見られる、男らしさ=マッチョイズムの挫折が最も顕著に現れているエピソードだ。これ以後、宇宙世紀の戦場はほぼ女と子供に支配されることになる。


一方のマーベットはオデロとトマーシュの指導も兼ねてモトラッド艦の追撃作戦を立案する。マーベットが焦って戦場に飛び出した理由は、もちろん戦死したオリファーのことを忘れるためだが、何故か彼女は子供たちまで連れ出してしまう。精神的に不安定だったマーベットは「保護者」としての役割を果たすことで、自分自身を立て直そうとしていたのだ。だが、作戦は失敗に終わり、マーベットは惨めにも子供たちに慰められながらリーン・ホースに帰投することになる。彼女は子供を上手く指導できなかったし、そもそも最初から子供たちは大人の指導なんて必要としていなかったのだ。


「子供への指導」というのは、大抵の場合、大人のエゴなのかもしれない。自信のない人間が「大人をやれている自分」に満足するためだ。だが、それはマーベット自身が語るように「子供たちを盾にする」行為でしかない。このVガンダムは自分自身を安心させるために子供を必要とする大人たちと、そんな大人を必要としない子供たちの物語でもある。振り返ってみれば地球で出会った漁師のロブじいさんも自分を安定させるために、ウッソを必要としていた一人だった。そんな大人たちの欺瞞を指摘するかのように、マーベット(大人)を励まそうとする子供たちと、それとは対照的に、子供のように身体を丸めて眠るマーベットの姿を描いて、この32話は幕を閉じる。