読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 33話 海に住む人々

Vガンダム

「世界が変わってゆくところを見たい」。カテジナの台詞だ。だが、よく考えてみればウーウィッグ特別区に住むプチブルだったカテジナにはこんな台詞を吐くための切実な理由が無い。彼女の抱える不幸はせいぜい両親の不仲と、友達がいないという程度のことであり、その解決のために世界を変える必要なんて全然無いはずだ。


カテジナの苛立ちの理由の一つはこれだろう。彼女には革命に身を投ずるだけの具体的な動機が無いのだ。だから彼女は革命の根拠を自分自身の怒りや悲しみではなく、マリア主義に求めてしまう。逆にいえば、それなりに満たされた環境で育ち、たいした不幸を背負っていないことこそが彼女の不幸だ。だから彼女は地球の裏側の人間の不幸まで、進んで背負い込み、誰の役にも立たない苦悩に自己陶酔することになる。逆に貧困と両親の不在という具体的な不幸と戦っているのは、むしろウッソの方だ。だがそれにも関わらず、ウッソは基本的に幸福だ。そして、だからこそカテジナはウッソが許せない。彼女の不幸がウッソのそれに比べればちっぽけなこと、悪いのはそんな小さな不幸に躓いてしまう彼女自身であること、それゆえに彼女の社会変革願望に正当性が無いことを、ウッソの存在そのものが証明してしまうのだ。

 

一方、アンダーフックのマリア教信者たちだが、おそらく彼らもまた具体的な不幸を背負ってはいなさそうだ。しかし、だからこそカテジナ同様に彼らは不幸だ。日常生活がそれなりに豊かで満たされているからこそ、自分の不幸「感」の原因を何処に求めていいのか分からない人というのは多いはずだ。貧困層の多そうなカサレリアではなく、豊かな観光都市アンダーフックにおいてこそカルトな宗教が蔓延っている、というのはそれなりにリアルな設定だと思う。