カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 36話 母よ大地に帰れ

ミューラ・ミゲルは息子を手放す覚悟を決めたらしいが、ウッソの方はまだ母親に拘っている。そしてそんなウッソを無理矢理母親から引き離すべく、富野はこの36話でとうとうミューラ・ミゲルを殺害してしまう。「キエル嬢のスカートの中に頭を突っ込みたい(母性の中に包まれたい)」と発言してしまう現在の富野の姿からは想像しにくいが、このVガンダムという物語の基底をなしているのは、ここで見られるような富野の母親に対する、ある種の執着と嫌悪感だろう。

 

個人的に面白いのはクロノクルとカテジナの反応だ。「地球クリーン作戦」によって多くの人々を殺戮してきたにも関わらず、クロノクルの表情は実に晴れ晴れとしていた。だが、この人質作戦の結末についてはクロノクルもカテジナも激しく動揺してしまう。何万人も殺してきた彼らが、たった一人の死に耐えられないのだ。何故か。


おそらく、彼らマリア主義者は地球クリーン作戦という「正当な手続き」によって人が死ぬ分には一向に構わないのだ。もちろんここでの正しさはマリア主義が保障してくれるため、何千人、何万人死んだとしても、それはクロノクルたちの責任ではないのである。しかし、この人質作戦は彼らの信じるマリア主義の教義に照らし合わせてみても、明らかに間違った作戦だったらしい。クロノクルとカテジナの動揺は「自分の手を汚してしまった」という後ろめたさからきているのだ。さらに言えば、ここでクロノクルを支配しているのは「フェアーに、正しく行動してしてさえいれば、その結果に責任は持たなくてよい」という発想だ。彼らは「自分(の内面)がピュアでありさえすればいい」のだ。もし、そのピュアさを押し通した結果として、なんらかの悲劇が起こったとしても、それは社会の側が引き受けるべき責任なのである。