読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 38話 北海を炎にそめて

Vガンダム

オデロは少々強引にマルチナをデートに誘いだす。もちろん結果は万々歳に終わるのだが、デートしたいがために女の子を戦場に連れてゆくという、この彼の行動はハッキリ言って軽率でかなり危なっかしい。また戦闘においても、彼は少々勇み足気味でイク少佐とレンダの命を無駄に奪ってしまう。オデロを駆り立てているのは「男らしさ」だ。確かにこれは男の子の成長を促す大切な要素で、ファーストガンダムにおけるアムロはこの「男らしさ」によってこそ成長していった。しかし、その一方、この男らしさはこの38話でオデロが見せたように、簡単に暴発してしまうという危なっかしい一面を持っている。

 

富野由悠季は男の子の成長物語を描いていく中で、この「男らしさ」の落とし所にずっと悩んできた節がある。これをあっさり否定してしまうと男は成長出来ず簡単にヘタレるし、安易に肯定すれば暴発してしまうからだ。いや、基本的に「男らしさ」とされるものが今の世の中では前時代的とされ、肯定されにくいからこそ、そのフラストレーションから簡単に暴発してしまうのかもしれない。中性的なルックスと名前を持ちながらも、男らしさへの屈折した憧れを爆発させてジェリドに殴りかかったカミーユ・ビダンはその典型例だろう。


一方、いつの間にかウォレンはMSを降りてしまっている。優しすぎる彼は基本的に戦争に向いていなかったのだろう。相変わらずエリシャにも(男としては)相手にされていないが、それでもオデロからは離れて一人立ちしつつあるようだ。もちろんこの戦争を生き延びるのはオデロではなく、この臆病だが、誰よりも優しいウォレン・トレイスである。

 

オデロ、マルチナの恋愛と対比される形で、イク少佐とレンダの恋愛も描かれるのだが、それにしても、この二人の恋愛はあまりにも初々し過ぎないだろうか。イク少佐なんてとっくに30歳は越えていそうに見えるが、やってることが中学生くらいのオデロと変わらないのだ。たぶん彼は幼少時代のロマンを手放さないピュアさを持つ分だけ、どこか単純で幼いのだろう。バイク乗りのくせに、人生においては直線番長で曲がることを知らなかった彼は、大人になり損ねたオトナ、なのかもしれない。