読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 39話 光の翼の歌

Vガンダム

ウッソたちの前に「立派な大人の男(?)」が立ちはだかる。敵を撃墜することをためらうウッソと、全く躊躇しようとしないマチス大尉のコントラストが印象的だ。迷いを見せている間のウッソは弱く、迷わないマチスは強さを見せるのだが…。

 

何もかも理解し、納得済みで死んでいったランバ・ラルと違い、このマチス・ワーカー大尉は、家族を守るという男らしい信念を貫こうとした結果「勘違い」で死んでしまう。このエピソードが悲しいのは彼が「死んだ」からではないし、「弱い」からでもない。彼が「空回りしている」からだ。マチス大尉がラルより劣っていた、という訳ではないだろう。おそらく彼の生きた時代が、連邦 VS ジオンの二項対立で理解できる程度に単純だった宇宙世紀0079年と違って、ずっと複雑で理解しにくいのだ。迷わず信念を貫くという男の強さと、迷いからくる弱さを抱えて生きなければならない時代とが、彼の中でコンフリクトを起こしている。ランバ・ラルのような強い男が存在しない、というよりも、存在することが許されないのが、この宇宙世紀0153年なのかもしれない。