読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 41話 父の作った戦場

タイトル通り「火消しが火を付けて回っている」。ウッソの父親で「戦争マニア」のハンゲルグ・エヴィンが登場する。後に分かるがこのハンゲルグ、ザンスカール戦争の勝利を確信した直後に息子を見捨てて戦場から逃走、次なる敵を倒すために木星へ向かってしまう(アニメ劇中では描写されない)。立派といえば立派かもしれない。だが、その戦争は本当に(彼が)やらなくてはいけないのだろうか?そんなに(息子を見捨てる程)焦らなくても、せめて一度カサレリアに帰るくらいのことはしてもよかったのではないだろうか?

 

彼がカサレリアに帰るはずがない。彼ははカテジナと同じように、正義の戦争という非日常がもたらす高揚感と充実感の虜になっており、カサレリアでのヌルい日常へ帰ることが出来なくなってしまっているのだ。ウッソとマーベットが彼を「戦争マニア」だと評したのは的確だと思う。

 

これはザンスカール帝国のカガチも同じだ。彼もザンスカール国内だけ治めていればよかったのに、よその国にまでマリア主義を広めようという余計なお節介の結果、戦争を起こしてしまっている。そして、このカガチにとってのマリア主義と、ハンゲルグにとっての正義はどこが違うのだろう。カサレリアで頭を冷やすことの無いハンゲルグが、ザンスカールではなく、リガ・ミリティアとして戦っているのは、「偶然」の結果に過ぎないのではないだろうか。