読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 42話 鮮血は光の渦に

Vガンダム

このエピソードの中心にいるのはルペ・シノだ。パイロットが気楽でいいと、今現在以上の、社会的自己実現を諦めた彼女は、その補償として男を求める。だが身近にいる男(ピピニーデン)はあまりにもつまらない男だった。代わりに彼女は才能に溢れた少年ウッソ・エヴィンを狙う。だが、彼女はウッソを手に入れることに失敗し、その身代わりとして「たとえつまらなくても居ないよりはマシ」だと、ピピニーデンを道連れに死んでしまう。殺すことでウッソを取り込み、母になろうとしたルペ・シノが正気であったかどうかは分からないが、人生に疲れた彼女は「少年のイノセンス」に触れることで救済されたかったのだろう。


だが、この物語の中で人生に疲れ果て、世の中が嫌になってしまっているのはルペ・シノだけではない。宇宙漂流の刑によって正気を失ってしまった(かに見える)ファラ・グリフォン。ギロチンがトラウマになってしまったタシロ。そしてこの戦争を起こした張本人であるカガチまでもが、世の中に愛想を尽かしている。そんな彼(彼女)らがすがるのは「子供たちのイノセンス」であり、カガチに到っては自分自身が無垢な子供となり、母マリアの懐で癒されたいと望んでいるのだ。


ここで富野の次の発言を引用したい。”それも7、8年後に見ると「富野はVガンでやっぱりあの当時のことを描いてたんだよね」 と、みなさん言ってくれるんじゃないかなあ。 「バブルがはじけて、みんなイジケはじめた大人の世界を、ウッソという子と 対比させて描こうとしたけど、結局どっちつかずになっちゃったね」 といわれることが今から想像つく(笑)。”言ってみれば、Vガンダムとは自己実現に失敗し、引きこもりつつある大人たちと、そんなダメ大人を見つめる子供の物語なのだろう。つまり、イケイケドンドンの高度成長期〜80年代を象徴するのが、「地球(母)を捨ててニュータイプ(大人)になれ」と語ったジオン・ダイクンであり、バブル崩壊後の厭世的なムード漂う90年代を代表するのが、「地球(母の懐)に引きこもって幼児退行」したいカガチである。