読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 44話 愛は光の果てに

Vガンダム

個人的な話だが、小学生の頃「風の谷のナウシカ宮崎駿)」を観て非常に感動したことがある。「ナウシカは心のキレイないい子だなぁ」なんて思ったものだ。ところがつい最近、この作品を見直したところ「オウムより、ナウシカの方が暴走してるじゃん」、「こんな学級委員長タイプの女の子、鬱陶しくて嫌だなぁ」なんて思ってしまった。正直、こんな自分にガックリくる。どうやら大人になると素直な心を無くしてしまうものらしい。物事を素直に受け取らずに、つい斜めから穿った見方をしてしまう。こんな自分に疲れてしまったとき、人は「子供のイノセンス」を取り戻したいと願うのだろう。


さて、このエピソードに(突然登場する)キスハールとカリンガーもそんな「子供のイノセンス」を求める大人たちだ。「子供が大人のように汚れるなど!」というカリンガーの台詞からも、この2人が大人を汚れた存在だと感じているのがよく分かる。多分彼らは「子供のイノセンス」を取り戻したかったのだろし、実際、取り戻したのだろう。瞳が異様に澄んでいて、アブナイ光を湛えている。そしてだからこそ、この2人はカルトな宗教にのめり込み、ウッソとマーベットの三文芝居に騙され、シャクティの願いを真に受け、ファラの煽りに乗った挙句、お互いに殺しあって、「こんな嘘だらけの世界の中でも、僕たちの愛は本物だよ」みたいなノリで死んでしまう。大人のくせに汚れることを拒否して生きようとした結果なのかもしれない。