読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 49話 天使の輪の上で

Vガンダム

Vガンダムに登場する男達は徹底的に情けない。たとえばタシロ・ヴァゴ。彼はカガチに反旗を翻す、という男らしいというか、野心家らしい行動には出るものの、軍事力はファラに頼っているし、戦後の統治は女王マリアに任せるという。視聴者は「じゃあ、お前自身は一体何をやるんだ」と突っ込みたくなる。そのくせ彼は女達に対して支配的に振舞っているのだから性質が悪い。だが、Vガン世界の女達は、こういう女性に対する支配と依存を繰り返しながらも、一人立ちできない甘えた男達の存在をなんとなく許しており、そんな彼らの尻拭いのために戦場で死んでゆく。

 

しかし、そんな中たった一人、弱い男達の姿に苛立っているのがカテジナだ。終盤になってカテジナが露骨にクロノクルの尻を引っぱたき始めたことから分かるように、彼女は男の子が女性に対して抱く「幻想」に対して徹底的に冷淡で、絶対に男を甘やかさない。そして、この49話でとうとう彼女は、ウッソが自分に押し付けてきた甘ったるい「少女幻想」を完全破壊するための暴挙に出る。ネネカ隊特攻だ。それは「半裸の綺麗なお姉さん」をVガンダムに特攻させ、ウッソに彼女達を殺害するように無理矢理仕向ける作戦である。彼女がウッソに見せつけたいのは、まさしく「生身の女の姿」であり、それは「少年を傷つける女」の存在だ。このネネカ隊をウッソは全滅させ、自分をそこまで追い込んだカテジナへの憎しみから、初めて彼女を殺そうとする。意外も、カテジナにとっては、これがショックだったらしい。「幻(少女幻想)を振り切り、私のことまで振り切ったか…」カテジナは寂しく、自嘲気味に笑う。本当の私の姿なんて、誰も愛さない、と。

 

ちなみに、このエピソードにショックを受けたと思われるのが、当時流行していた「セーラームーン」にはまっていたであろう庵野秀明だ。「自分を全肯定してくれる、強くて優しい美少女に甘えるな」とウッソを罵倒するカテジナの姿は、その2年後にエヴァ劇中で「惣流・アスカ・ラングレー」として復活することになる。