読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 50話 憎しみが呼ぶ対決

「クロノクルは私に優しかったんだ!」家庭、ヴーィッグ、リガ・ミリティア。何処にも居場所のないカテジナにとって、ザンスカールとクロノクルだけが巣であり、それさえ手に入れられれば彼女は何処にいたってよかったのだ。しかし、その巣すらシャクティという「お姫様」に蹂躙されしまった。そう、いつも大切にされるのはシャクティ(とウッソ)なのだ。ここでカテジナが自分の限界を認めることができればよかったのかもしれないが、自意識過剰の彼女にそれは無理だったのだろう。

 

カテジナには「人生に意味や目的が欲しい。価値あることがしたい」という想いがあった。だから、彼女は「革命」や「(王子様との)恋愛」に走ったのだ。そして、それは同時に「特別でありたい、人とは違った存在でありたい」という欲求に簡単に結びつく。「その他大勢」として生きる人生には意味がない(と、彼女は考えた)からだ。今まで散々、カテジナは自意識過剰だ、と言って来たのはそういう意味だ。ならば、彼女がウッソやシャクティを嫌っていたのも納得だろう。何故なら、ウッソこそ、然したる疑問も持たずに、365日畑仕事をやって満足しながら生きていける「スペシャル」な存在だからだ。世界の隅っこで、その他大勢の人間として生き、歴史の中に埋もれてゆくことを平然と受け入れられるウッソやシャクティが、彼女は憎かったのだ。しかも皮肉なことに、普通であることを望み続けたウッソやシャクティこそが「ヒーロー」と「お姫様」で、彼女は、何処まで行っても「ただのお嬢さん」なのだ。