読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 51話 天使たちの昇天

カテジナはずっと不甲斐ない男に苛立ってきたし、母性を持った女を憎んできた。強かったはずの男の弱体化と、それを許す女の甘さが、ルース家の家庭崩壊を招き、ひいては宇宙戦国時代という社会の混乱を呼び込んだと信じたのだ。事実、力無き大人達はウッソ(子供)を戦争に駆り立て、そのウッソは子供のままで本来は強くあるべき男たちを次々と撃破し、敗れた男は母性という幻想の中に逃げ込んで幼児退行し、女たちも「母にならねば」と狂ったように男を取り込もうとする。秩序も何もあったものじゃない。「おかしいですよ!」と叫びたいのはウッソではなく、むしろカテジナの方だったのではないだろうか。もしかすると、このVガンダムで唯一正気を保っていたのは彼女だったのかもしれない。だが、正気が成立しない世の中で、正気を貫き通そうとした彼女はいつの間にか狂気の側に居た。自分を導いてくれる強い男=父権(象徴秩序)の存在する「正しい世界」を取り戻そうとした生真面目な少女の物語は「壊れた世界」に飲み込まれてしまったのだ。

 

「強くなって変革を志せ」というカテジナ。「元いた場所に(カサレリア)に帰ろう」というシャクティ。「幼児退行して引きこもりたい」というカガチ。この三人の思想がVガンダムの中で、せめぎ合っている。今振り返ってみると、90年代の思想がほぼ全て出尽くしている。その結末だが、カテジナは辿りつく場所すら見い出せないまま道に迷い、カガチは世界の全てを拒否して自滅し、シャクティはウッソと共に「父権不在の擬似家族的共同体」を作り上げ、そこで生きることを選択する。Vガンダム放送当時「何がなんでもウッソには生き延びてもらう」と語った富野が、子供達に何を伝えたかったのか、なんとなく分かる結末だ。