カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 11話 シュラク隊の防壁

シナリオ的には特筆することがないようで、よく観れば富野的モチーフに溢れた11話。

この11話において見られる腐敗した地球連邦軍、ウッソとオデロの喧嘩、その喧嘩を見守るシュラク隊、というのは「機能不全の男性社会、男らしさを巡って争う男、そんな男たちを見守る母性を持った女」という富野作品に共通したテーマと綺麗に重ならないだろうか。

 

こうした「女たちに見守られながら争う男たち」というのは、ファーストガンダムからすでに見られるモチーフだが、顕著になるのはZガンダム以降だろう。そして、それらの作品で描かれるのは、こうした、女たちの懐に抱かれて安心したいという気持ちと、そこから飛び出して成長したいという思いの間で葛藤する男たちの姿だ。