カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

機動戦士Vガンダムのこと

機動戦士VガンダムがブルーレイDVD化されたらしい。
「機動戦士Vガンダム」が“最高画質”で7月からBD-BOX化 - AV Watch

いつものことながら、監督自身(富野由悠季)は、この作品について否定的な発言を繰り返している。しかし、私はそれを非常にもったいないと思う。なぜなら、Vガンダムは、歪んだ魅力にあふれた作品だからだ。

 以前、私はVガンダムについての、ちょっとした、自分なりの解説を書いていた。だからこの機会に、初めてVガンダムに触れる人たちのために、それらを少しづつ再アップしていきたいと思う。Vガンダムを、少しでも楽しく観るための助けになるといいな、と思う。

Vガンダム 1話「白いモビルスーツ」 - カテジナ日記

Vガンダム 2話「マシンと会った日」 - カテジナ日記

Vガンダム 3話「ウッソの戦い」 - カテジナ日記

Vガンダム 4話「戦いは誰のために」 - カテジナ日記

Vガンダム 5話「ゴッゾーラの反撃」 - カテジナ日記

Vガンダム 6話「戦士のかがやき」 - カテジナ日記

Vガンダム 7話「ギロチンの音」 - カテジナ日記

Vガンダム 8話「激闘!波状攻撃」 - カテジナ日記

Vガンダム 9話「旅立ち」 - カテジナ日記

Vガンダム 10話「鮮烈!シュラク隊」 - カテジナ日記

Vガンダム 11話「シュラク隊の防壁」 - カテジナ日記

Vガンダム 12話「ギロチンを粉砕せよ」 - カテジナ日記

Vガンダム 13話「ジブラルタル空域」 - カテジナ日記

Vガンダム 14話「ジブラルタル攻防」 - カテジナ日記

Vガンダム 15話「スペースダスト」 - カテジナ日記

Vガンダム「ファラ・グリフォン」 - カテジナ日記

Vガンダム 16話「リーンホース浮上」 - カテジナ日記

Vガンダム 17話「帝国の女王」 - カテジナ日記

Vガンダム 18話「宇宙艦隊戦」 - カテジナ日記

Vガンダム 18話「宇宙艦隊戦」 - カテジナ日記

Vガンダム 19話「シャクティを探せ」 - カテジナ日記

Vガンダム 20話「決戦前夜」 - カテジナ日記

Vガンダム 21話「戦略衛星を叩け」 - カテジナ日記

Vガンダム 22話「宇宙の虎」 - カテジナ日記

Vガンダム 23話「ザンスカール潜入」 - カテジナ日記

Vガンダム 24話「首都攻防」 - カテジナ日記

Vガンダム 25話「敵艦と敵地へ」 - カテジナ日記

Vガンダム 26話「マリアとウッソ」 - カテジナ日記

Vガンダム 27話「宇宙を走る閃光」 - カテジナ日記

Vガンダム「カテジナとウッソ」 - カテジナ日記

Vガンダム 28話「大脱走」 - カテジナ日記

Vガンダム 29話「新しいスーツV2」 - カテジナ日記

Vガンダム 30話「母のガンダム」 - カテジナ日記

Vガンダム 31話「モトラッド発進」 - カテジナ日記

Vガンダム 32話「ドッゴーラ激進」 - カテジナ日記

Vガンダム 33話「海に住む人々」 - カテジナ日記

Vガンダム 34話「巨大ローラー作戦」 - カテジナ日記

Vガンダム 35話「母かシャクティか」 - カテジナ日記

Vガンダム 36話「母よ大地に帰れ」 - カテジナ日記

Vガンダム 37話「逆襲ツインラッド」 - カテジナ日記

Vガンダム 38話「北海を炎にそめて」 - カテジナ日記

Vガンダム 39話「光の翼の歌」 - カテジナ日記

Vガンダム 40話「超高空攻撃の下」 - カテジナ日記

Vガンダム 41話「父の作った戦場」 - カテジナ日記

Vガンダム 42話「鮮血は光の渦に」 - カテジナ日記

Vガンダム 43話「戦場の彗星ファラ」 - カテジナ日記

Vガンダム 44話「愛は光の果てに」 - カテジナ日記

Vガンダム 45話「幻覚に踊るウッソ」 - カテジナ日記

Vガンダム 46話「タシロ反乱」 - カテジナ日記

Vガンダム 47話「女たちの戦場」 - カテジナ日記

Vガンダム 48話「消える命 咲く命」 - カテジナ日記

Vガンダム 49話「天使の輪の上で」 - カテジナ日記

Vガンダム 50話「憎しみが呼ぶ対決」 - カテジナ日記

Vガンダム「クロノクル・アシャー」 - カテジナ日記

Vガンダム 51話「天使たちの昇天」 - カテジナ日記

Vガンダム「カテジナ・ルース」 - カテジナ日記

オーバーマン キングゲイナー まとめ

キングゲイナーファンっているのかなあ。

キングゲイナー 1話「ゲインとゲイナー」 - カテジナ日記

キングゲイナー 2話「借りは返す!」 - カテジナ日記

キングゲイナー 3話「炸裂!オーバースキル」 - カテジナ日記

キングゲイナー 4話「勝利の味はキスの味」 - カテジナ日記

キングゲイナー 5話 「シベリアに光る目」 - カテジナ日記

キングゲイナー 6話「セント・レーガンの刺客」 - カテジナ日記

キングゲイナー 7話「鉄道王キッズ・ムント」 - カテジナ日記

キングゲイナー 8話「地獄のエキデン」 - カテジナ日記

キングゲイナー 9話「奮闘!アデット先生」 - カテジナ日記

キングゲイナー 10話「アスハムの執念」 - カテジナ日記

キングゲイナー 11話「涙は盗めない」 - カテジナ日記

キングゲイナー 12話「巨大列石の攻防」 - カテジナ日記

キングゲイナー 13話「ブリュンヒルデの涙」 - カテジナ日記

キングゲイナー 14話「変化ドミネーター」 - カテジナ日記

キングゲイナー 15話「ダイヤとマグマ」 - カテジナ日記

キングゲイナー 16話「奮戦、アデット隊」 - カテジナ日記

キングゲイナー 17話「ウソのない世界」 - カテジナ日記

キングゲイナー 18話「刃の脆さ」 - カテジナ日記

キングゲイナー 19話「リオンネッターの悪夢」 - カテジナ日記

キングゲイナー 20話「カテズで勝てず」 - カテジナ日記

キングゲイナー 21話「オーバーマンの闇」 - カテジナ日記

キングゲイナー 22話「アガトの結晶」 - カテジナ日記

キングゲイナー 23話「復活のオーバーデビル」 - カテジナ日記

キングゲイナー 25話「氷の中で」 - カテジナ日記

キングゲイナー 26話「ゲインオーバー」 - カテジナ日記

 

”失われた未来”を求めて ―シュタインズ・ゲート―

子供時代の夏休みに「なにか」を失ったにもかかわらず、それが何なのか、思い出せない。しかし、その喪失感だけは胸の奥に刻み込まれている……。アニメ「シュタインズ・ゲート」はそんな気分にさせてくれる作品です。
その理由を探ってみよう、自分自身に説明してみよう、というのがこのテキストの趣旨になります。ちなみに私が準拠するのはアニメ版です。原作であるゲームについては未プレイですので悪しからず。 

ゼロ年代秋葉原

厨二病が治癒しない主人公 岡部倫太郎は、幼馴染の椎名まゆり、友人 橋田至とともに「未来ガジェット研究所」なるサークルを設立、秋葉原の裏通り、中古家電ショップの2階で日夜、発明に勤しんでいた。
発明のほとんどは役に立たないガラクタだったが、しかしある日、意図せずしてメールを過去に送信する「Dメール」を発明してしまう。そして、そのDメール実験による「歴史改変」の結果、秋葉原は「萌えの街」から「電気街」へと変化する。
その後、ひょんなことからメンバーとして加わったアメリカ帰りの天才少女 牧瀬紅莉栖はDメールの原理を応用し、人の記憶だけを過去に送る「タイムリープ」マシンを完成させる。
だが、この彼らの活動はその当初より、世界征服を企む謎の組織「SERN」に監視されていた。岡部と栗栖の拉致を目論むSERNはラボを襲撃、その際に椎名まゆりは殺害されてしまう。
彼女の死を回避するため、岡部は栗栖の発明したタイムリープ装置によって自らの記憶を過去に転送、Dメールによる歴史改変それ自体をなかったことにしようとする。

舞台となる「未来ガジェット研究所」で開発された「ガジェット」とはどんなものでしょうか。

ビット粒子砲(おもちゃの光線銃にテレビのリモコンを合体させたもの)
タケコプカメラー(軸の部分に小型カメラを仕込んだ竹トンボ)
モアッド・スネーク(掃除機の排熱を利用して動くドライヤー)
サイリウム・セーバー(サイリウムに柄を付けた棒剣)

ドラえもん」の「ひみつ道具」的な、しかし他愛のないおもちゃです。ラボの内部も不思議な空間です。「未来〜」を名乗るわりに、そこで使われているモニタは「LCD」。テレビは「ブラウン管」。「Dメール」のモニタは、ブラウン管を通り越して「ニキシー管」です。そして「ゼロ年代の萌えブーム」まっさかりにも関わらず、室内に「萌えグッズ」的なものは、ほとんど見受けられません。ラボ自体は、秋葉原の表通りから引っ込んだ中古家電ショップの2階に位置しているのですが、そのショップのオーナーのあだ名は「ブラウン管」を愛するがゆえに「ミスターブラウン」。一言でいえば、どこか「懐かしく」「古めかしい」のが、この未来ガジェット研究所です。

 次に主人公である岡部倫太郎ですが、いわゆる当時の「萌ヲタ」ではないようです。この彼の過去改変への動機は(少なくともアニメ版では)あまり明瞭ではありません。Dメールよる過去改変の結果に慄きつつも、秋葉原を萌えの街から電気街に変えてしまうまで、彼の実験は続きます。

舞台となる「秋葉原」。歴史が改変され、そこは「萌えの街」から「電気街」へと変貌します。しかし、電気街に変貌したあとの秋葉原は、奇妙なまでに薄暗く、人通りの少ない、どこか現実感の失われた場所となってしまいます。

 

劇中におけるこうした事物や事象は、いったい何を示しているのでしょうか?

それは、未来ガジェット研究所が、その名前に反して「未来を研究していない」ということです。いや、それどころか、岡部倫太郎が本当に愛し、追求しているのは「過去」、もっと正確に言えば「過去における未来のイメージ」です。

彼の「未来ガジェット」ですが、すでに述べたとおり、それはドラえもん的な、過去における「未来のイメージの再現」にすぎません。彼が「LCDモニタ」や「ブラウン管」にこだわるのも同じ理由からでしょう。「未来ガジェット研究所」は、正しくは「”失われた未来”ガジェット研究所」だったのです。

このように理解すると、岡部が萌ヲタでない理由も推察できます。なぜなら彼は「過去の秋葉原」を懐かしんでいるからです。そこに萌えは不要だった。そしてだからこそ、彼の実験は、秋葉原を「電気街」に戻すまで止まらないのでしょう。彼のモチベーションは一貫して「失われた未来」を再発明することなのです。

 この作品に、ある種の喪失感や物悲しさが漂っている理由は、ここにあるのかもしれません。岡部は、常に「失われた未来」を追い求めており、「現在」に上手くコミットできていない。彼らが秋葉原の裏通りに「引きこもり」、世間から孤立しているように見えるのは、たまたまではないと思います。

このように世間から引きこもっている(ように見える)主人公ですが、物語のレベルにおいても、彼は社会と上手く接続できていません。たとえば劇中において、岡部が「歴史改変」を試みた結果、漆原るか は少年から少女へ、また、秋葉原は萌えの街から電気街へと変貌します。しかし、それは岡部の「アイデンティティ」になんの影響も与えません。たしかに 漆原るか は少年から少女になった。メイド喫茶のアイドル 秋葉留未穂 の父は死なず、その結果、秋葉原は電気街に戻った。しかし、「それだけ」なのです。岡部自身が不思議に思うように彼が「歴史改変」を繰り返しても、「今ここ」における彼らの「パーソナリティ」や「人間関係」には「なんの影響もない」。「彼個人の生」と「歴史」の間には、なにか深い断絶のようなものが存在します。

この感覚は、視聴者である私たちにも納得がいくものだと思います。遠い「未来」に何かが変わるであろうことは理解できる。しかし「今ここ」にある自分の「生」が「歴史」と交わるということが想像できない。

この「シュタインズ・ゲート」という作品からは、秋葉原に対する愛情よりも、「疎外感」の方を強く感じます。いまさら説明する必要もないのですが、もともと秋葉原というのは、ラジオや無線機の部品を扱う店が集まった街でした。そこからいわゆる「家電街」へと成長し、Windows95登場以後、急速に「パソコン街」と移り変わります。その後は「第三次アニメブーム」「ギャルゲーブーム」の影響で「萌えの街」に変貌します。さらに「シュタインズ・ゲート」の舞台となるゼロ年代においては、「電車男」や「涼宮ハルヒの憂鬱」がヒット。秋葉原の「観光地化」が始まります。 しかし、前述のように岡部は、基本的に萌えに興味がなく、裏通りの、レトロ家電に囲まれたラボの中で、「”失われた未来”ガジェット」を開発し続けているのです。 繰り返しになりますが、ここから感じられるのは、移ろいゆく秋葉原への愛ではなく、むしろ「疎外」ではないでしょうか。

 

このように「現在進行形の秋葉原」に背を向けている岡部には、何が残されているのか?おそらくはこれが、この作品後半のテーマなのでしょう。 

「椎名まゆり」の死を回避すべく、岡部は「歴史改変」をキャンセルしようとします。そしてその繰り返される歴史の中で、岡部は「ラボメン」との人間関係を、ひとつひとつ確認してゆきます。漆原るか、秋葉留未穂、阿万音鈴羽、椎名まゆり、そして牧瀬紅莉栖。こうしては岡部は自らの「アイデンティティ」を「歴史」との接続ではなく、ローカルな「人間関係」の中で築き上げていきます。

その後、未来から(改めて)やってきた「阿万音鈴羽」に、「牧瀬紅莉栖こそが、未来の世界大戦を回避する鍵だ」と告げられた岡部は、次は彼女を助けるために奔走することになります。ここで岡部は、初めて「未来」に手を伸ばした、と言えるでしょう。そもそも彼にとって「牧瀬紅莉栖」は「新しい人間関係」でした。その彼女を救うことは、彼にとって「未来」に関わること、なのでしょう。

 

シュタインズ・ゲート」がどのような作品であったか、まとめたいと思います。それは、「ゼロ年代秋葉原」に「疎外」された主人公が、自らの「アイデンティティ」を、「ローカルな人間関係」の中で再獲得し、そして改めて「未来」に向かう物語です。そして、それはそのままゼロ年代を生きた、いや、上手く生きることができなかった私達たちへのエールなのではないでしょうか。

 

しかし、それ以上に、2017年の今、この作品を観て思うのは、やはり、「私たちは『牧瀬紅莉栖』を選んだ」のではないか、ということです。「シュタインズ・ゲート」の舞台となったゼロ年代が終わるころ、2009年に「リーマン・ショック」が、そして、2011年には「東日本大震災」が日本を襲います。戦後最悪とも言われる景気の落ち込みは、爆風のように私達を吹き飛ばしました。

そのショックからかろうじて立ち直った後、周りを見渡すと、世界は様変わりしていました。「ガラケー」は絶滅し「スマホ」が台頭。それにともないインターネットといえば、良くも悪くも「2ちゃんねる」という時代は終わりました。代わって普及したのは「SNS」。そこに「2ちゃんねる」的な、「陰性のアングラ感」や「サブカル感」はありません。そして「スマホ」にしろ「SNS」にしろ、それらは「アメリカ」からやってきたのでした。まるで「牧瀬紅莉栖」のように。

ゆえにこの作品は、今観る人に二重の喪失感を感じさせるかもしれません。最初に失うのは「電気街 秋葉原」。次に失うのは舞台となってた「萌えの街 秋葉原」と「アングラなインターネット」です。

現在の私達は、「ある種のアメリカ(牧瀬紅莉栖)」と共に、明るく、観光地化した秋葉原の中を生きています。しかし、それでも時々は、まだ少しだけ薄暗かった、ゼロ年代秋葉原が懐かしくなるのです。

Vガンダム「カテジナ・ルース」

富野作品においては、少年を成長させるのが父性であり、退行させるのが母性です。この両者のせめぎ合いこそが、ガンダムシ・リーズの中心的なモチーフだと言ってもよいでしょう。

 

しかしながら、このVガンダムという作品においては、母性が父性を圧倒しており、最終的に、ウッソも大人たちも、この母性の中に取り込まれてゆきます。その意味でこの作品は、主人公たちがある種の「現状肯定」と「引きこもり」を選択する物語です。おそらくこれは、当時の富野由悠季の気分(モード)でもあったのでしょう。

 

しかしカテジナだけが「それ」に逆らいます。彼女が、強い父権を求めてウーィッグの街から出ていくからこそ、Vガンダムという物語は成立するのです。

劇中では、ある種の狂人として描かれるカテジナですが、しかし、もしかすると彼女だけが正気だったのかもしれません。



カテジナは作家の創造したキャラクターですが、それにもかかわらず、おそらくは作家の意図すら超えて、この物語にダイナミズムを与えています。その意味においても、やはりカテジナは「主人公」と呼ぶに相応しいキャラクターであり、彼女の存在こそが、Vガンダムを稀有な作品としているのではないでしょうか。