読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 18話 宇宙艦隊戦

Vガンダム

リガ・ミリティアのリーダー、ジン・ジャハナム父親の消息を知っているのではないかと期待したウッソは彼に面会する。だが、この(偽)ジン・ジャハナムは等身大を通り越して、あまりにも卑小な男だった。ウッソは彼の人間性に深く失望し、苛立つ。マーベットがこの苛立ちをなだめてくれなければ、ウッソは暴発していたはずだ。だが、逆に甘やかされてしまうことで、彼はその成長を阻害されているとも言える。

 

このマーベットのようにVガンダムでは、ウッソの母親代わりになろうとする女性たちが沢山登場する。もちろんシュラク隊もそんな母親たちの仲間だ。逆にカテジナの場合、彼女の苛立ちを受け止めてくれる父性を持った大人の男に出会っていないし、実際そんな男はこのVガンダムには登場しない。彼女がイライラしっぱなしなのはおそらくこのせいだろう。ちなみにこれは逆襲のシャアにおけるクェス・パラヤと全く同じでもある。このように不足気味の父性と過剰な母性というのがVガンダムの物語全体の印象だ。

 

もうひとつ、個人的に面白いのが、オデロとウォレンの恋だ。よくある男の子向け作品では、少年がロボットに乗って悪と戦い、社会的自己実現を果たすと、何故か同時に恋愛パートナーをゲット出来てしまう。しかし、この時点でのオデロやウォレンは、モビルスーツパイロットとして戦っていない。当然、何の取柄もない彼らは、女の子に対して積極的に話しかけたり、プレゼントと送ったりと、極めて平凡かつ普通にアプローチせざるを得ない。だが、こうした普通の恋愛模様はアニメやマンガの中では意外と見ることが難しい。実際のところ、正面きって好きな女の子にアプローチするというのは、めちゃくちゃ難しい。特にアニメやマンガが好きなオクテな男の子にとっては、普通に女の子に話しかけるより、ロボットに乗って活躍することの方がハードルが低く見えてしまうものなのだ。多くの男の子向け作品で「戦うこと=社会的自己実現=恋愛」になってしまっているのはこのせいだろう。