カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 23話 ザンスカール潜入

病気にかかったマルチナを治療するため、ウッソたちはザンスカール本国に潜入する。そしてこの間、リガ・ミリティアザンスカールの戦いの動向は視聴者には全く分からない。ガンダムを戦記物として観ている視聴者は戸惑うと思う。物語のどこにピントが合っているのかよく分からないからだ。しかし、これは実は視聴者側にも責任の半分があるのではないだろうか。

 

過去のガンダムシリーズは連邦 VS ジオン、あるいはエゥーゴ VS ティターンズ VS アクシズといったように、複数の軍事勢力が激突する戦記物としての要素が強い。主人公のアムロカミーユも(心理的には味方からも距離を取っているものの)一応は軍属として戦争に参加するため、そのストーリーは単純化すれば敵味方のどちらが勝つのか、という点に集約される。


だが、Vガンダムはそれらの作品とは異なる。カメラがずっと追い続けてきたのは、戦火の下をくぐり抜けて生きてゆく子供たちの姿だ。ウッソを始めとする子供たちは、地球、宇宙、コロニーといった様々な場所を冒険し、そこで多くの大人と出会っていく。物語全体の構図が巨大な軍事勢力の激突ではなく、子供 VS 大人(社会)なのだ。もちろん、ファーストガンダムZガンダムにそういった要素が無いわけではない。だが、Vガンダムは主人公のウッソの動機が両親探しであることからも分かるように、前半は戦記物というよりむしろ「母をたずねて三千里」に近い。

 

しかし、視聴者は「戦記物としてのガンダムシリーズ」の印象に引きずられてしまうため、Vガンダム(前半)はピンボケでよくわからない、と言われてしまうことになったのだろう。おそらくだが、この作品は、過去のガンダムシリーズを知らない人の方が理解しやすいのではないだろうか。