読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 28話 大脱走

宇宙に舞台を移してからのVガンダムは、バイク戦艦の違和感を打ち消すために様々な複線を用意してきた。だが、それにも限界がある。とうとうこの28話前後から登場人物がVガン世界のカルトっぷりを揶揄するようなギャグを言い始めるのだ。マーベットの「タイヤが空を飛ぶな!」がいい例だろう。また、数話前における、リーンホースから離れてしまったマーベットの「こうなったらザンスカール本国に侵入して内部から揺さぶりをかけましょう!」という台詞もそうだ(しかもこの決断のせいでケイトは戦死する)。マーベットは無駄に力強いガッツポーズを決めつつ、前述のムチャクチャな台詞を吐くのだが、視聴者が突っ込むより先に、すかさず子供たちが「そりゃ無茶ですよ」と突っ込んでしまう。要するに脚本の出来の悪さに対して登場人物がツッコミを入れているのだ。こういった製作サイドのヤケ気味な悪ノリもVガンの魅力だ。この28話でも富野監督自身が作品内に登場しているので、気になる人は確認して欲しい。ただ、ノレれない人には逆に嫌なものだと思う。


さて、この28話におけるマーベットは本当に幸せそうだ。序盤でパイロットとしての役割をウッソに奪われ、中盤はシュラク隊に女としての立場を脅かされ、ずっとイライラしていたマーベットだが、オリファーの本妻という地位を得て、精神的にかなり安定したように見える。負け犬の滑り込みセーフだ。もっともすぐに戦争未亡人になってしまうのだが…。


カテジナの方はザンスカールに馴染もうと必死で努力している。クロノクルをサポートしたい、という気持ちもあるのだろうが、ヴーウィッグの実家にもリガ・ミリティアにも居場所が無かったカテジナには、もうこれより先に逃げ場が無いのだ。これはウッソと対照的だ。ウッソはその才能と屈託の無い性格から、すぐリガ・ミリティアにとって必要不可欠な存在となったのだが、カテジナの方はウッソほど活躍できず、むしろ逆に頭でっかちさが災いして周囲との人間関係を損なってしまった。だからザンスカールでのカテジナは自分を殺して周囲に馴染もうと必死なのだ。


下層階級出身にも関わらず、才能によってヒーローになり、皆から愛され、自己肯定感に溢れるウッソと、上流階級出身でありながら、無力かつ、自意識過剰で周囲に馴染めず、すぐ孤立してしまうカテジナ。この28話においてもウッソはカテジナが自分を好きだから殺さないのだ、と信じきっている。カテジナにとってはその自分には無い素直さが眩しく、また腹立たしいのだ。