読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 29話 新しいスーツV2

全編に渡って「テレビまんが」的なノリが漂う。これはVガンのターゲットが低年齢層だった、ということもあるし、富野が宮崎駿の「未来少年コナン」をライバル視していたためでもある。しかし、そうはいっても富野アニメ。ルペ・シノの「恐ろしい拷問」とかマルチナ、エリシャに裸を見られるウッソとか、なんだかよく分からない羞恥プレイなギャグが満載だ。このあたり、硬派なガンダムファンはどう思うのだろう?


ところで、ルペ・シノだが、彼女は随分ウッソに拘っている。いや、そもそもVガンダムに登場する大人の女性たちは基本的にウッソをやたらと可愛がる。なぜか?以前も触れたが、キャリアウーマンとして仕事に打ち込んできた彼女たちは、男社会の壁にぶつかっているのだろう。もちろん仕事は好きなのだろう。だが、所詮軍隊は男社会、女性はある一定以上評価されないし、出世もできない。後に分かるが、パイロットとしては一流のルペ・シノでさえ、ピピニーデン程度の男に媚を売らなければ、組織の中で生きてはいけないのだ。だが、仕事に失望したからといって彼女たちのプライベートに何かある訳でもない。いや、彼女たちなら少し頑張れば、男の一人や二人すぐ捕まえられるはずだ。それでもそれをやらないのは、彼女たちは「大人の男」には、もうウンザリしているのかもしれない。このVガン29話までにおいて、マトモそうな男がどれだけ登場しただろうか?だから、彼女たちは、その寂しさをウッソという「少年のイノセンス」にぶつけてしまうのだ。