読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 34話 巨大ローラー作戦

Vガンダム

一年戦争は建前として「弱者」が生き残るための反乱だった。だが、このVガンダムに登場するクロノクルとカテジナは「お坊ちゃん」と「お嬢さん」である。二人とも貧しさとは無縁であり、生き残るために戦う必要なんて全く無いはずだ。そう、世間知らずで頭でっかちな彼らは、世界の過ちを直して、清く正しい「俺様ルール(マリア主義)」を世に広めるために戦っている。決して弱者のためじゃない。そして本来なら手段でしかなかったはずのイデオロギーそのものに奉仕してしまっている彼らだからこそ、金持ちも貧乏人も区別無く「平等」に踏み潰して回ることが出来るのだろう。


カテジナがウーイッグ特別区とそこに住む人々を憎んでいたのは、彼女が貧しい人々の味方だったからじゃない。特別区の人々が「不正」にその特権を保持していたからだ。彼女は、カサレリアの不法居住者を嫌っていたが、それも彼らがまさに「不法」な存在だからだし、リガ・ミリティアで揉め事を起こしたのも、レジスタンスの子供を戦争の道具にするという彼らの「不当」なやり方が気に食わなかったからだ。そんな「潔癖症」な彼女に、この「地球クリーン作戦」はぴったりだろう。また、マリア主義者たちは「世界が汚れている」ことを嘆く一方で「自分だけは絶対に汚れたくない、イノセントでいたい」という強迫観念に取り付かれている。「地上は埃っぽい」と言い、慌ててマスクを被るクロノクルが良い例だ。だがその埃はクロノクル自身が、モトラッド艦で街を踏み潰したから生じたのだ。彼は世界の浄化を主張する一方で、自分の手を汚すことは拒否する。いや、とっくに汚れているのだが、それを認めようとはしない。


カテジナがウーイッグをあっさり捨てたのもそのためだ。確かに彼女はこの「不当な社会」そのものに我慢がならなかったのだが、それ以上に「不当な社会」の上に生きている「汚れた自分」自身が許せなかった。もし、本当にカテジナが弱者のことを考えていたのなら、父親の財産で投資でもやってその利益を募金でも何でもすればいいし、政治家を目指して地道な勉強をしてもよかったはずだ。だが、彼女の本当の目的の一つは清く正しい「ピュア」な人間になることだった。だから彼女は「汚れた財産」や「汚れた社会」と関わることを拒否して、マリア主義に走ってしまう。そうすれば幸せになれると信じて。こうして「己の業」を背負うことを拒否した結果、彼女はさらなる「業」を背負うことになる。