読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム クロノクル・アシャー

Vガンダム

クロノクルは素直で真面目、その上に努力家だ。その持ち前の優等生的器用さで、とりあえず何でもそつなくこなしてしまう。だが社会が混乱すると、その煽りを真っ先に受けるのが、こういった優等生タイプではないだろうか。指示がバラバラの方向から飛んできたり、対立する複数の価値観の間に立たされると彼は混乱し、引き裂かれてしまう。

 

だが、ザンスカールにはこの優等生を上手く導ける大人がいなかった。最初の上司であるファラは、その強引な手法で部下の反発を買っていた上、逆にピンチに陥ったところをクロノクルに助けられてしまうような人間だ。だが、そのことでやっとクロノクルとファラの間に信頼関係が生まれた、と思った瞬間、ファラは更迭されてしまう。二人目の上司であるタシロもクロノクルの信頼を勝ち得ず、やはり、ファラと同じようにカガチによってギロチンにかけらる。最後に師事したピピニーデンだが、彼は全く話にならない卑劣な男だった。信頼できない上司や先輩達に囲まれた上、命令も二転三転する…。とどめは、地球クリーン作戦の中止だろう。自分が全力を注いだ作戦が、何の前触れもなく無意味な行為と化してしまった、その屈辱と無力感。「いったい全体、本国の連中は何を考えているんだ?!」

 

しかし、それでもクロノクルは生真面目にその場その場で自分に与えられた役割を果たしてゆく。たぶん、そうすることしか彼は知らなかったのだ。その結果、彼はザンスカールの軍人、女王の弟、優しいお兄さん、ウッソのライバル、シャクティの叔父、そしてカテジナの男といった、多くの、しかも互いに矛盾する複数の立場に立たされてしまった。彼がかつてのシャアのように自分勝手な男だったり、もう少しいい加減な性格だであれば、どれか一つに絞って他は放り出す、ということもをしたかもしれないが、生真面目な彼は、どの役割も等しく引き受けて頑張ってしまったのだ。いや、指示(支配)されることに慣れ切った人間にはありがちだが、やりたいこと(主体的な欲望)なんて特に無い男だったからこうなったのかもしれない。

 

結局、彼はカテジナに煽られた後に「とってつけたような野望」を抱き、その結果ウッソに、いや、世の中というものに翻弄され敗れてゆく。「貴様に何が分かる!女王マリアの弟にされ、カガチなどとも戦わなければならなくなった、この私の苦しみが!」。このクロノクルの叫びは、バブル崩壊以降の社会で、言われるとおりに一生懸命勉強してきたけど、全然幸せになれなかったじゃないか!、という元優等生の叫び(逆ギレ)にも聞こえなくもない。