カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 35話 母かシャクティか

ここに到っても、ウッソは母親の存在に拘泥する。過去のガンダムシリーズの主人公ならとっくに乳離れしている頃だ(年齢的には当然だが)。しかし、ここでウッソは実母かシャクティかの二択を迫られ、結果としてシャクティを選択することになる。シャクティはウッソの実母ミューラ・ミゲルから母の役割を禅譲されたのだ。

 

穿った見方をすれば、シャクティはミューラからウッソをまんまと奪い取った、と言えなくはないだろうか。しかもシャクティが他の女からウッソを奪ったのはこれが初めてではない。実は彼女は物語冒頭においてカテジナからウッソを奪っており、その結果としてカテジナはクロノクルの所に走ったのだ。これは「逆襲のシャア」において、チェーン・アギに邪魔をされてアムロを手に入れられなかったクェス・パラヤと、後の悲劇も含めて全く同じ構図だろう。


カテジナのことにも触れておく。小隊長にまで出世したカテジナは実に生き生きとしている。エネルギーパックも弾薬も人一倍使ってしまうらしい。当然だ。彼女はずっとこういう「ドラマティックで派手なこと」がやりたかったのだ。振り返ってみれば、確かにカテジナは、リガ・ミリティアに時代から人の役に立ちたがっていたのだが、その一方で、シャクティやスージー達がやっていた「炊事や洗濯」には全く興味を示していなかった。彼女のやりたいことはそんな「地味なこと」ではなく、ウッソのようにMSに乗って「派手に活躍すること」(そしてスポットライトを浴びること)だったのだ。