読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 43話 戦場の彗星ファラ

Vガンダム

ムバラク将軍に「世界平和より、家庭の平和を守れよ」と嫌味を言われるウッソの父、ハンゲルグ。しかし彼は今更息子にどう接していいのか分かず、いつも突き放した態度でウッソに接してしまう。富野アニメお約束の情けない父親である。


その一方で、ハンゲルグの父としての存在感はリガ・ミリティア全体にポジティヴな影響を与えている。まず、あのリーンホースの偽ジンジャ・ハナムがハンゲルグへの対抗心から俄然やる気になっているし、今まで散々優しい「お姉さん」たちに甘やかされロクに成長してこなかったウッソが、父の承認を得ようと、ここで初めて主体的に行動し成長しようとする。子供というのは己の存在を無条件で全肯定し包み込んでくれる母性だけではなく、否定して突き放す厳しい父性が存在しなければ成長することが出来ないのだろう。

 

宇宙漂流の刑に処されたファラは、その刑を下した張本人であるタシロに救助されたらしい。タシロはファラの首を切り、保身を図った上で、彼女を自分直属の部下としたのだ。だが、そのタシロ自身もズガンとの権力闘争に敗れてギロチンにかけられてしまう。ギロチンから逃れ、地下に潜ったタシロを恐れたカガチは、ズガン牽制のためもあって彼を再利用する。ファラはそのタシロの非公式な部下なのだ。もう本当に訳が分からない状況である(笑)。「偉いさんのやることは鬱陶しい」というファラの気持ちはよく分かる。彼女はもうこんな複雑でややこしい世間のことなんてどうでもいいのだ。男さえいれば。キースはその犠牲になってしまう。


ウッソが、このファラ・グリフォンの女の情念に飲み込まれそうになったとき、駆けつけて彼を助けたのは、なんとあのハンゲルグだ。父の存在に励まされたウッソは、あのカサレリアのマチス・ワーカー(父)の戦法でファラを撃退することに成功する。母性が勝ち気味なVガンダムの中で、父性がその存在感を示すという珍しいエピソードだ。