カテジナ日記

Vガンダムと富野由悠季作品

Vガンダム 46話 タシロ反乱

シャクティはタシロ向かって、物怖じすることなく反論し、またクロノクルの拳銃を奪って彼を撃つことまでするのだが、これと同じ光景をガンダムファンは数年後にも見ることになる。そう、∀ガンダムに登場するキエルもまた女王ディアナに代わってムーンレィスの男達を叱責し、ギンガナムの刀を奪って彼に切りかかろうとしていた。女王マリアに代わってシャクティキールームに入ることからも分かるように、この親子の関係は∀ガンダムにおけるディアナとキエルの関係と全く同じであり、Vガン世界におけるグレートマザーの交代劇なのだ。勿論、ディアナ=甘やかしすぎる母親=マリアであり、キエル=厳しさを持つ母親=シャクティである。

 

「とうの昔に狂っている!」タシロやファラに比べて、カテジナは自らの狂気を自覚している。彼女に言わせれば、それはウッソとシャクティのせいなのだが、個人的には社会に対する彼女のスタンスのせいだと思う。戦場(ガンダムにおける社会のメタファー)の狂気に染まってでも、社会変革を志すカテジナと、エゴイストと呼ばれよる可能性を引き受けつつも、そんな戦場からは距離を置き続けるウッソ。この宇宙世紀0153年において、どちらが正しかったかは言うまでもない。「生きのびる」ために自ら戦場に飛び込んだアムロ的な生き方は、Vガン世界では通用しないのだ。